昭和の記憶―写真家が捉えた東京

制作 : 木村 伊兵衛  林 忠彦  濱谷 浩  土門 拳  熊切 圭介  薗部 澄  田沼 武能  長野 重一 
  • クレヴィス
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904845233

作品紹介・あらすじ

復興から再生・発展へ。8人の写真家が記録した首都東京の疾風怒涛の時代。昭和7年〜44年撮影の街と暮らしのドキュメント、作品191点収載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分でも昭和を切り取った写真集もっているけれど、
    見掛けるとつい、借りて来てしまうなあ。

    面白いもの、興味のあるものをみている眼差し、
    街の人の魅力的な顔がいっぱい。

    比べると今ってわりとみんな無表情なんだな…。

    小さい子供たちの元気さと、
    仲間同士で遊んでいる楽しそうな感じ、
    また、髪の毛がふさふさして真っ黒でつやがあって、
    うーん、今と違う!

    また、この頃の人が着ているお洋服、
    特にウールなんかはデザインは野暮ったいけど、
    厚みがあって、仕立てがちゃんとしてて、
    写真からも「良いものだ」と感じられる。

    安く早くできて、便利を追求してきた結果、
    もちろん良かったこともたくさんあるけれど、

    なんだか大事なことを
    根こそぎぶっ壊してしまった気もしてくる。

  • 「昭和の記憶 写真家が捉えた東京」2012.9発行です。先日読んだ「昭和 写真家が捉えた時代の一瞬」(2013.10)とほぼ同じ内容でした。図書館予約の読書では、時々生じる事象です(^-^)

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする