ふるさとのねこ

著者 :
  • クレヴィス
4.19
  • (12)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904845554

作品紹介・あらすじ

たくましく生きる。津軽の四季、子ネコたちの物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Exhibitions | 株式会社クレヴィス
    https://crevis.co.jp/exhibitions/

    写真集『ふるさとのねこ』 | 株式会社クレヴィス
    https://crevis.co.jp/publishing/57/

  • 津軽のりんご農家に暮らす猫の一家を中心に、
    青森の猫たちの四季折々の姿と生活を紹介する、写真集。
    TV番組「ねこ歩き」の「津軽の四季」が写真集に。
    春に生まれ、季節の巡りと共に成長してゆく子猫たちの姿は、
    愛らしく、生命力も感じさせてくれます。
    春は花々のように柔らかな猫の表情。
    夏の鮮やかな緑の中で、遊び、狩りの動作、何物にも興味を持つ。
    秋には収穫と実りの豊かさを誇るような、顔。
    冬の毛はモコモコに膨らみ、雪の上を逞しく、歩く。
    特に、コトラと産んだ子たちの成長。
    あっという間に大きくなり、りんご畑を駆け巡る姿には、
    長い間見つめてきた岩合さんの視線と愛を感じました。

  • ことらの物語はTVで見ていたのでなんだか懐かしかった。
    他にも、可愛い猫たちがもりだくさん。
    岩合さんの写真って、本当に素晴しい。
    1行ずつのコメントも好き。

  • 「ネコ歩き」にて岩合さんが1年間かけて追った津軽のリンゴ農家の猫一家。その成長の記録。
    他のネコ歩き写真集は既に持っていたので、ネコ歩き写真展にてこれを購入。岩合さんにサインを頂きました。

  • いただきもの。

    津軽のリンゴ農家に春に産まれた子ネコを、四季を通して写したもの。

    リンゴの上でのびているネコ、ねぷたをまとうネコ、アジサイとネコ、脚立が好きなネコ、雪の中を進むネコ、雪に目をみはるネコ!
    ネコ、ネコ、ネコ、四季!

  • 同世代の岩合光昭さん、好きこそものの上手なれ そのものですね!(=^・^=) 

  • 津軽の自然の中で暮らす猫たちがすてき。猫リスペクト。

  • ネコ歩きでやった青森のねこを追ったものの写真集版と言えそうな作品。

    イキイキしたねこが収まった良い写真集でした。

    ブログはコチラ。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4912060.html

  • 津軽にて、春に産まれた5匹の子・その母猫・ご近所の猫たちを季節ごとに撮影されています。こういう、コンセプトのしっかりしている写真集は大好きです。猫たちに向けられる岩合さんのあたたかな眼差しがより感じられます。是非お手元に一冊・・・。絶対損せんけぇ。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1950 年、東京都生まれ。イヌやネコから世界の野生動物まで、地球に生きる動物たちの撮影を続ける。

著書に『いい猫だね』『岩合光昭×ねこ旅』(山と溪谷社)、『見上げてごらん、朝のネコを』(朝日新聞出版)、

『こねこ』『吾輩はねこである 名前はベーコン』『パンタナール』(クレヴィス)、『スタンド・バイ・ニャー』(辰巳出版)

などがあり、NHK BS プレミアムでは『岩合光昭の世界ネコ歩き』を放送中。

DVD に初監督作品・映画『ねことじいちゃん』(KADOKAWA / 角川書店)がある。

「2021年 『ボス猫写真集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩合光昭の作品

ツイートする
×