今すぐ「言葉」を変えましょう (Nanaブックス)

著者 :
  • ナナ・コーポレート・コミュニケーション
3.67
  • (13)
  • (21)
  • (13)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 166
感想 : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904899106

作品紹介・あらすじ

コーチング、カウンセリング、ビジネススクールでの復習…。何をやっても成果が出なかった著者に、ブレークスルーをもたらしてくれたもの、それは、自分の「言葉」だった…アメリカン・エキスプレス日本支社法人営業部門2年連続20億円売上げ記録達成の著者による「言葉の力」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アメリカン・エクスプレス日本支社法人営業部門で2年連続売上げ20億円の記録を達成した著者による「言葉の力」に注目した、世界一やさしい習慣術。

  • 「今日だけ・・・」と考えると意外と頑張れること、「できることから始める」ことなど、案外普通のことだけれど、ともすれば見失いがちな考え方を思い出させてくれます。

  • 図書館で借りた。参考になる部分がたくさんあった。
    買おうかな。

  • 言葉の持つエネルギーは重要である。ポジティブな言葉を使えばポジティブな方向にものごとは進んでいく。

    肯定的な言葉を使う。

  • 「言霊」の大切を書いてある本。

  • 言葉のエネルギードリンク集で習慣にしていきたい。言葉の力、音の力を信じたい。

  • 世界で一番近い人を、苦しめるよりは喜ばしたほうがいいに決まっている。自分が言った言葉が、一番初めに届くのは自分なんだし。もっと素敵な言葉を自分にかけてあげたい。

  • チェック項目6箇所。本書のテーマ「肯定的な言葉を使い、自分自身で快適にマインドをマネジメントし、実力をフルに発揮すること」。できることを起点にするから人は動ける。「何をしたらよいかわからなくて困る」ということは、何か目的地を決めたい、mということの裏返し。影響力のある人の一言は本当に強力です。一流の人、そして本物のリーダーは、セルフイメージを高める言葉を自分にも他人にも「与えられる」人なのです。自己肯定感を大事にすると、自分は何者で、そしてどこへ行きたいのか、という二つの重要な問いに明確な答えを出せるようになる。

  • オーディオブックで読むポジティブな言葉を言い続けるという良くある話だが、感情移入しやすかった。やってみたいと思わせる内容だった。

  • アメックスで営業し、市場開拓と目標達成というプレッシャーの中で、本との出会いをきっかけにトップセールスになったお話です。

    ポイントは「言葉の力」が心の動きや仕事の成果につながることを研究し、サイエンスも含めて伝えているところです。

    この本を読めばコーチングへ通ったりしなくても、簡単に「自分コーチング」できると思いました。

    自分が変わりたい!と思っている方、必読です。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

所   属—早稲田大学社会科学総合学術院助手
専門分野—島嶼学、地政社会学


「2010年 『日本の国境・いかにこの「呪縛」を解くか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤由紀の作品

ツイートする
×