本当かデマか 3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証(超☆はらはら)

著者 :
  • ヒカルランド
3.08
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 47
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905027430

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 真偽の程はともかくとして、「ふーん」とか思っちゃうような書き方と内容だった。これ系な話として面白かった。ただ信じるか信じないかはあなた次第・・・だよね。

  • どこまで本当?
    後半はクリスチャンの話
    いろいろと複雑に釈然としないけど
    ネットで話題になってる陰謀説のまとめ本的な感じで、とんでも本的な香りも

  • 地震も謎の死亡もUFOもTPPも全てこれがからんでる。

  • 今回の311の悲劇が天災か、人災か。個人的には大きな興味はあるけれど、どちらにしてもたくさんの命が奪われ、政府の対応・対策が後手に回ったのは紛れもない事実。そして災害に乗じて日本の人民、国益、領土を脅かそうとした国がたくさんあったのも事実。もうそろそろ日本人は目を覚ました方が良いと思う。

  • 今年の3月11日に東北地方で歴史に残るような地震が起きて多くの人が被害にあい、いまだに多くの人が不自由で不安な生活を過ごしています。

    ある高校生が卒業式において「天を憎まず」と言った内容の答辞を行い、多くの日本人に感動を与えたというテレビ番組を見ましたが、天災にめげることなく希望をもって、更に自分に課せられた使命を背負って生きていく素晴らしい若者の姿を見て感動しました。

    あの地震が、もしも天災ではなく「仕組まれたもの」だとしたら、ということは考えたくはないのですが、インターネットの発達によって私たちも多くの観測データを見ることができます。

    私もGWまで、地震情報を発信しているサイトをチェックしていました。そこで不思議に思ったのは、4月11日に急激に地震が増えたこと、それらの震源地が妙に規則正しく並んでいる(この本の裏表紙にあるように4月30日も同様)ことでした。

    また、個人的にデータを見ていた不思議に思ったのは、震度はとても小さいものでしたが、東京湾で震災後の3月末までにかけて何度も同じ場所で地震が起きていたのを不思議に思っていたのですが、それを取り上げていてくれていた(p53)のは驚きでした。

    アメリカでの911事件も、テロリストというより自作自演であるということが言われている中で、はたして今回の地震も同様なのでしょうか。この本を明確に否定してくれるような情報を探したいと思っています。

    以下は気になったポイントです。

    ・近年全世界に起きている大半の巨大地震は、天然物ではない、国際的犯罪者集団による人為的な人工地震である、阪神・淡路、新潟・中越、今回の東日本震災も含まれる(p8)

    ・地下政府集団によって封印された先端技術として、水を燃料に走る車、気候抑制や地震も起こせる機械(HAARP)、引力を一時的に止める機械等(p9)

    ・米軍は地震兵器を1944年12月7日に使用して、東南海地震(M7.9)を発生させていた、それに追い打ちをかけたのがB29編隊による名古屋空襲や、1945年1月の三河地震(p39)

    ・HAARPは、エジソンとともに与えられたノーベル賞を拒否したニコラ・ステラが開発したもの(p41)

    ・14時46分にM9.0の地震が起きて第一波の津波が発生、その20分後にM7.0、さらに20分後にM7.2、さらに20分後に5.7と合計4回の地震がちょうど20分毎に起きた、自然界ではあり得ない(p46)

    ・トモダチ作戦の空母ロナルド・レーガンが帯同する艦船に、強襲揚陸艦エセックス、ドック型揚陸艦トーテュガ等の別の艦隊(第七艦隊)が含まれていた(p50)

    ・今回の地震は、時間をおいた余震ではなく、数秒以内に同じ震源地で3連発の三つ子地震が起きている、NHKの解説者も当初は自然地震ではありえないとコメントしていた(p53)

    ・東北の翌日(3月12日)から、海ほたる近くを震源にすべて同じ場所で10回も地震が起きていた、自然界ではありえない(p53、54)

    ・東京湾を震源とした地震は起こすことができなかった、関東ローム層は砂の上に固い地盤を置いた天然の要塞のような地形なので、砂地を爆破させてもサンドバック効果で威力は吸収されてしまった(p63)

    ・フクシマ原発爆破シーンを解析すると、あれは水素爆発ではなく、噴出した煙から識別して、911ツインタワー爆発時と同じ種類の核爆発であると指摘する学者もいる(p67)

    ・福島原発の電気系統を破壊したのはスタックスネットと言われるイスラエル製のコンピュータウィルス、これがなければ自己回復して正常稼働していたはず(p68)

    ・地震が頻繁であったころには、各震源地こを一番高濃度の放射能が発生していた(p72)

    ・3月11日以降は不自然な静岡地震が起きたが、震源地は自然界ではありえない正方形のかたちの4点であった(p75)

    ・4月30日の地震の震源地は、縦横正確に等間隔で整列している(p82)

    ・今回の地震の特徴は、震源深さは30キロ程度で浅く統一されているが、自然地震ならば深さが100~400キロになるはずで深さも「まちまち」人工地震ゆえにあまり深くボーリングできないので、今回の地震は深さが浅い(p83)

    ・ペンタゴンに飛び込んだ飛行機(本来は757のはず)は残骸も未確認、座席、荷物もないままイラク戦争へ突入した(p91)

    ・17や11は魔術師や占い師の好むガバラ数字では聖なる数字、46においては、ユダヤ人の異邦人への歴史的憎悪に原因がある(p102)

    ・東日本震災は、純粋水爆とHAARPの混合使用で攻撃、HAARPは超高周波の強力な放射ビームを地球の電離層の特定の位置に飛ばしてから地面に跳ね返させるので、使用時には空でプラズマの塊が目撃される(p126)

    ・3月11日から19日までの間、日本政府はドサクサに紛れて、249項目の規制改革案のうち、135項目を閣議決定して法案として通していた(p153)

    ・アメリカ・メーソンのCIAが創設した清和会(岸、福田、安倍、森、小泉等)は安泰だが、田中派や経世会(竹下、金丸、小渕、橋本、小沢等)は悲惨な運命となった(p194)

    ・近頃の主な地震は、どれも株式市場が閉じているときに集中して起きる、土日や休日など日本が株式市場売買に参加できない時間帯(p218)

    ・首都圏数千万人の住民は、埼玉・東京・神奈川にまたがる広大で最大の「南関東天然ガス田」の上に生活している、600年程度の埋蔵量がある(p241)

    ・1923年の関東大震災も、南関東天然ガス田の層が壊れて亀裂から噴出した天然ガスに引火したため大火災となったという見解あり(p282)

    2011年9月17日作成

  • ひどい盗作。泥棒が神父だか牧師だかとは呆れる。

  • どうしよう、読み続けるべきか…。
    (追記) 読了。ドンドン違う方向に話が進んで行ったのが、どうも…。

全7件中 1 - 7件を表示

泉パウロの作品

ツイートする