そこまで言うか!

  • 青志社
3.50
  • (53)
  • (128)
  • (138)
  • (35)
  • (9)
本棚登録 : 1001
レビュー : 148
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905042006

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 流行を知るためにはいいのではないでしょうか。

  • 役に立つとかじゃなく、楽しい系の本

  • 単体の方が面白いという当たり前といえば当たり前の事実にきづいた。
    考え方がとても似ているので気持ち悪いぐらいに読んでいて気持ちがよかった、かな。

  • 実は、借りて読んだ本。
    三人の掛け合いが面白くて、あっという間に読了。
    アグレッシブな二人とのほほんとしたひろゆき氏という感じでした。

  • 本当はもっといるんだろうけど、知名度も兼ね備えた本当の意味で頭が切れる人達。
    人生に対するスタンスとか、考え方とかを議論していくのがとても参考になる。
    続編あったら読みたい。

  • 勝間さん、ホリエモン、ひろゆき氏の
    政治やらネットやら教育やらの言いたい放題。
    教育は重要ですね。
    このお三方のような 揺ぎ無い自信を身につける教育とは
    一体どんなものなんでしょう。

  • だよな。
    いやはや久しぶりに自分のぶれやずれを軌道修正できた。

    悪い事しない。
    迷惑かけない。

    はあたり前だけど楽しくなくちゃな。はは!!

  • 単純にこの三人が好きなので面白かった!

    とりとめもなく喋っているようで、ちゃんと軸がブレてない。
    改めて、時代を築いたすごい人達なんだよなぁと。

    そのすごい人達の日常会話を横で聞いてきた気分になれます(笑)

  • ひろゆき。勝間和代。そしてホリエモン。三者三様の個性が光る7時間にも及んだ鼎談集。それがノーカットで収録されております。あまりの濃さにげっぷが出そうでした。

    残念ながら、僕はこの本が作られるきっかけになった「勝間・ひろゆき対談」って映像を見ることができなかったんですよ。後でテキスト化されたものを読んだんですが、だいぶ荒れていたみたいですね。この本の中で堀江貴文が
    「BSとはいえあの対談がテレビで流れたのはある意味画期的なことだった」
    と本書の中で語っているのがよくわかりました。

    この本はその後、堀江貴文を交えてさまざまな問題について、なんと7時間にわたって語り尽くしたものをノーカットで収録した鼎談本となっております。非常に濃い内容だということと、三者三様の個性が浮き彫りに出ていて、そこが自分としては興味深かったです。興味深かったのは結構勝間さんってデジタルヲタだったことがよくわかりました。

    ひろゆきさんはどこか飄々としていながらも、鋭いところは鋭いです。堀江さんは、ぶっとんでいることを言っているようでも、頭のよさを言葉の節々から感じました。分厚い内容ですが、一気に読めてしまえるくらい面白かったです。

  • 仕組みを理解すること。簿記は勉強しようと思った。

全148件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1968年東京都生まれ。経済評論家、中央大学ビジネススクール客員教授。慶應義塾大学商学部卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科MBA。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。現在、株式会社監査と分析取締役、国土交通省社会資本整備審議会委員、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。


「2018年 『When 完璧なタイミングを科学する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勝間和代の作品

ツイートする