四つ話のクローバー

著者 :
  • 文響社
3.56
  • (61)
  • (132)
  • (148)
  • (28)
  • (7)
本棚登録 : 942
レビュー : 152
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前に読んだ「夢をかなえるゾウ」は面白かったが、今回はいまいち。
    帯には「大切なこと」が楽しく学べる4つの物語とあった。「夢」で「幸せ」「人間関係」「命]

  • 四つ葉のクローバーの小葉はそれぞれ、希望・誠実・愛情・幸運を
    象徴とされている。そんな4つの象徴のお話しです。

    「深沢会長の秘密」
    この世界に存在するたった1つの成功法則を深沢会長に
    伝授してもらうために会長室を訪れた西の前にあらわれたモノは・・。
    西は驚いて腰を抜かしてしまいます、私もそのシュールな
    深沢会長の姿に目がテン。笑ってしまいました。
    その法則に反論する余地なし、シンプルゆえに奥深い。

    「ハッピーコロシアム」
    超リッチマン真田と見るからに貧相な男、天海が、
    どちらが「幸せ」かを競う大会で、戦うテーマは
    食、世間体、舌戦。真田からも天海からも学べる所は
    たくさんあって面白かった。

    「見えない学校」
    地縛霊になってしまった男が元の体に戻るために
    あの世の学校で奮闘するお話。
    ガイコツが「行動を変える」ことの大事さを
    熱弁している・・・このアンバランスさが絶妙。

    「氷の親子」
    遊園地の特設コーナー「氷の動物園」の閉鎖により
    外に出された熊の親子、季節は夏
    ぽたりぽたり・・と滴が。
    お客さんが話していた「怖い思いをすると背筋が凍る」
    という言葉をヒントにアトラクションを回ります。

    一つの命の終わりと希望
    生きることを諦めない親子の姿にホロリと
    きてしまいました。


    押しつけがましくない、さりげなさで
    ハッとさせられるのは見事です。
    四つ葉のクローバーを自力で見つけたことはないのですが
    見つけた時はこの本を読んだ後のような爽やかな気持ちに
    なれるのかなっ。






     

  • 2012年9月17日読了。
    どの話も秀逸。
    笑って泣けて様々な気づきがある。
    一度読んで二度お得。
    おすすめ!

  • ニヤニヤ笑いながら読んで、最後の話にはしんみりさせられて。サラッと読んだが、大切な事が織り込まれてるのでフムフムと頷く箇所も多かった。押し付けがましくない自己啓発本。共感と感謝の気持ちは、少しずつでも今から始められそうな気がした。

  • 頑張ること・感謝すること・共感すること・生きてほしいと願うこと。
    設定はだいぶ漫画的ですが、人生の大事を説いた四つ話です。

  • しあわせについて考えさせられる四つの短編集。
    人生訓に富みながらも説教臭くなくておもしろく、軽く1時間ちょっとで読み終える。
    人間はなにかを我慢することはできない。したいことしかできない。頑張るコツは、「頑張らなくてはならない」→「頑張りたい」状態にすることか・・・この言葉けっこう目からウロコです。

  • 夢を叶えるゾウの水野敬也の本。
    夢の話、幸せの話、人間関係の話、命の話の4部構成になっている。
    いつもブログも読んでるけど、筆者らしくてサクサク読めた。

    一番好きだったのは、夢の話の「深沢会長の秘密」。

    人間はしたいことしかできない。
    「頑張らなければならない」
    から
    「頑張りたい」へ。

  • 夢をかなえるゾウの著者水野敬也の夢、幸せ、人間関係、命について学べる短編集

  • サクサク読めて面白かった!
    特に感謝することと満足することの大切さを教えられた。
    欲望を追い求めて日々忙しく生きるのもいいけど、あくせくせず
    のんびり生きることも大切だなぁと感じた。

  • どうしたら幸せになれるのか。
    考えさせらる本でした。
    決して面白いと思う本では無かったけど。
    自分は一生懸命やってるつもりでも、人から見れば
    一生懸命じゃないんだよねって思えた。

全152件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

四つ話のクローバーのその他の作品

四つ話のクローバー Kindle版 四つ話のクローバー 水野敬也

水野敬也の作品

ツイートする