ウケる日記

著者 :
  • 文響社
3.78
  • (23)
  • (33)
  • (28)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 266
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  下ネタばかりなのは、まぁそういうもんだとして。文章がうまい。表現力とユーモアがある。エントリーシートなどは素晴らしいなーと思ってしまった。(…という、このレビューのつまらなさに少し落ち込む)

  • 基本的に下ネタが多かったように思うが、文章の構成、話の流れ、伏線の回収などが凄いです。こういうように文章を書いたり、話をできたらいいなと思いました。

  • くっだらな!(笑)
    しかし読み始めると止まらない!

    いい息抜きになりました。

    結構オススメ

  • ウケる!



    男には。

  • この人の文章、生き様は本当に楽しいし尊敬するw
    ただ、下ネタはついていけないw
    でもそれも含めて水野さんなんだろうなぁw

  • 単なる日記だが、その内容が非常に面白い。

  • 絶対ピックアップするところ、そこじゃないと思うけど
    絶賛プロジェクトがなんか良いなと思えた。店だったり店員さんの良いところを指摘するって、やられた側もやる側も舞い上がっちゃうだろうから。

    「い、いいんだよ、あんなやつらのことは! 何を書いても「夢をかなえるゾウよりつまらない」としかレビューできないような連中さ! 俺はもうあんなやつらのために文章は書きたくない。俺は、お前のために、お前のためだけに書きたいんだ!」
    一番笑ったところはここ。著者本人気にしてたんかーい。どの本もエンターテイメント性を持ちながら示唆にあふれる内容で素晴らしいと個人的には思います。

  • 夢を叶えるゾウから、LOVE理論、そしてこの本にたどり着いたが、どんどん内容が下の方向になっていき、著者のゾーンの広さを感じる。抱腹絶倒。

  • 文章力が高く自虐ネタがメインのため、日記という枠を超えたエンターテイメントとして非常に楽しむことができる作品。日常を妄想の力でおもしろ補正して盛っているところがすばらしい。下ネタ多めだが、啓発される箇所もある。出版から時間が経って少し古くなってしまっているのが残念。

  • 2018/3/26

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウケる日記のその他の作品

ウケる日記 Kindle版 ウケる日記 水野敬也

水野敬也の作品

ウケる日記を本棚に登録しているひと

ツイートする