たった一通の手紙が、人生を変える

著者 :
  • 文響社
3.56
  • (9)
  • (10)
  • (12)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 205
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073284

作品紹介・あらすじ

ベストセラー作家、水野敬也が初めて語る「心を動かす手紙の技術」!
本書は、水野敬也の経験にもとづいた実践的な手紙の力が身につき、さらに読後に静かな感動をおぼえる、新しい名著です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【想い通じる】
    相手のことを思い、時間をかけて綴る。

    これに優る術はありません。

  • 連絡はほとんどSNSやメール。今はそんな世の中だけど、だからこそ昔ながらの「手紙」は受け取った人の心に深く残ると思う。杓子定規でどこかで見たことがあるような文章ではなく、自分の心に正直に、相手の立場を思いやり、ユーモアと優しさを入れた手紙は特別なプレゼントだ。

    • だいさん
      同感
      同感
      2017/07/30
    • reader93さん
      だいさん、ありがとうございます。やっぱり手紙はいいものですね。
      だいさん、ありがとうございます。やっぱり手紙はいいものですね。
      2017/07/30
  • 仕事依頼、抗議、断り、謝罪、感謝など、さまざまな分野の手紙例が紹介され、その直すべき課題と解説が書かれていた。
    相手に響く手紙を書くための技術を習得したいと思い、興味ある分野を中心に読んだ。
    全てに共通する考え方は、「相手のことを思いながら書くこと(相手の立場に立つ)」と「本心で書くこと」だった。
    こんなこと、先に気づいていたけど、言葉で表現するのは難しい。
    「具体的なエピソードを出すことで、より思いが深まり、伝わりやすい」ことは、新たな発見!

    最後の著者から読者への手紙が、わたしには最も響くものだった。
    自分の文章力を育てたいと実感する一冊だった。

  • 【No.154】「自分の書いた文章と、自分自身を切り離して考えるようにする」「会ったことのない人への手紙を書く際、多くの人が自分の立場から”相手に対して自分をどうやって印象付けようか”と考えてしまう。しかし大事なのは、相手の立場に立ち、相手が自分に対して抱く警戒心や不安を解消すること」「定型文をそのまま使うことは、こちらが楽をしたいという気持ちの表れであり、そうした本音は相手に必ず伝わる」「素晴らしい手紙=あらゆる角度から相手の仕事を称え、相手を喜ばせることに割かれており、自分を喜ばせるような文章はまったく出てこない」「多くの表現者は、誰かの人生にプラスの影響を与えたくて作品をつくっている」「相手を褒める際に、つい他の人を引き合いに出したくなるものだが、相手がその人をどう評価しているかは分からないので気分を害してしまう可能性がある」「文章におけるユーモアを伸ばしたい人は、具体的な映像を思い浮かべて細部を描写することを意識する」

  • ・そもそも人は、誰かを喜ばせたいという愛情を心の奥に持っている。しかし、その気持ちは「恥ずかしい」とか「他人に優越したい」とか怒りなどの感情によって阻害されてしまっている。しかし思い切ってその殻を破ることで、自分の奥底にある自然な欲求「人を喜ばせたい」「人を愛し、愛されたい」という欲求を素直に表現できるようになる。本来それは、人にとって気持ちの良いこと。

    ・感謝の手紙を書くことは、自分の幸福度を上げる。自分が本来のもっている愛情を自然と表に出すことができるようになり、仕事や他者に対する姿勢が変わる。

    ・相手への要求は一切せず、感謝の言葉だけを伝える。相手が人知れずしてきた苦労への感謝を伝える。

    ・最後の手紙「遺書」でパートナーを喜ばせることのできる内容は「パートナーへの感謝」「パートナーに会えて良かったということ」「今まで伝えることができなかったこと」「パートナーの未来を気遣う言葉」。

  • 具体的な文例があり、より良くするには・・・と考えられる。形式ばった手紙の指南ではない、暖かで人間味あふれる著書。

  • 今までは手紙を書くとき、文章考え、下書きをして書いていたけど、そこに最も必要な“相手を喜ばせる”という考えが丸々抜けていたことに気付かされた。 メールやSNSでイイじゃんって、ずっと思っていたけど、手紙が書きたくなります。

  • 数々の偉人たちが使っていた「夢をかなえる」手紙の書き方!という広告を見て気になった本だから。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50108156&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 2016.9.12

  • 水野敬也って、本当におもしろい。

    文章は何度も直すことができる(話し言葉と違って)
    本当だな、と

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たった一通の手紙が、人生を変えるのその他の作品

水野敬也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
川村 元気
デイル ドーテン
伊賀 泰代
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

たった一通の手紙が、人生を変えるを本棚に登録しているひと

ツイートする