人生を変える習慣のつくり方

制作 : 花塚 恵 
  • 文響社 (2016年12月14日発売)
3.40
  • (6)
  • (23)
  • (32)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :416
  • レビュー :29
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073567

作品紹介・あらすじ

ニューヨークタイムズベストセラー!

「意志の力」ではなく「正しいやり方」を知ることで
誰でも理想の習慣を手に入れる。

・行動の40%が習慣に支配される
・ 「成功している人の真似」だけは絶対するな!
・ 「やることリスト」をつくれば9割は「できる」ようになる
・愛煙家がひと晩でタバコをやめた理由
・結局、習慣化できることに共通する条件
・たった5分のジョギングでも毎回続けることに意味はある?

人生を変える習慣のつくり方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 余計な話も多かったが(筆者の身近な人物の例が頻繁にでてくるのが少し煩わしかった)、人の習慣に対する4つの分類のところはすごく面白かった。たしかに自分はオブライジャー義務を果たす人で、良い習慣を身につけるために第三者がいると強いのがよく分かった。
    あとお酒を頻繁に飲むのはやっぱり悪い習慣なんですかね。。適度なら良い習慣、分かるんだけど認めたくない気持ちもあったり。。

  • 良い習慣を形成する際の土台4つをまず強化!p88
    ①睡眠
    ②運動
    ③食生活
    ④整理整頓

  • No.958

  • たぶんこの著者みたいには習慣がつくれそうにない。どうも習慣つくりに向かないたちらしい。困った。
    外からの義務と自分との約束とに対する反応し方の癖でupholder,obliger,questioner, rebelに分ける。これは確かにあるんだが。レブルが一番習慣にするのが役に立つのがわかってるだけになんとも納得。でもあんまり変わらんというのも渋々ながら納得。
    やめざるを得ないときは再開時を具体的に確定しておく。一度やめたことを再開するのは始めるより大変なことを覚悟しておく。
    何かを手にするともっと欲しいなら断つ。手に入れたら満足なら、量を抑える。どっちかは、同一人でも対象で別れる。もうしなくていい、という断ち方。
    条件式。AしたらBする。習慣が失われる危険の高い状況に効く。精神的に消耗し悲観的な見方が必要になることを覚悟。誘惑に負けた時。躓きは完全な失敗ではない。厳しく批判しないほうがいい。習慣を破ったことに対し後ろめたさを感じると嫌な気持ちを払しょくする方法を探し始めうっか入りすると悪い習慣に手を染めかねない。気分転換のためのなにかは自分がさらに嫌になる何かであってはいけない。対抗策としての測定。事前に例外を認めておく。その場の判断ではなく。例外は厳選する。この例外を認めたら後からどう思うか。理由と期間が具体的に決まっている例外。
    言い訳。見返り、よいことをしたから悪いことをしてもよい。先延ばし、今自分を思いきり甘やかせばその分明日は自制心が働くというのは筋が通らない。こじつけの二択化、本当に2択しかないか。どうしようもない、大体は自分で思う以上に自分でできることはある。誘惑に屈服する。カウントしない、都合よくカウントされないものはない。根拠のない決めつけ、習慣として定着しているから休んでも大丈夫、はだめ。他人のため。開き直り。長い目で見て幸せになる習慣を身に着けることが真の目標であれば、目の前にあるものを我慢する、自分に今移譲を求めることがある。習慣を維持するための習慣は重要。形式的に維持するだけでもいい。
    やりたくなったら15分待つ。
    自分を変えるより環境を変えるほうが簡単。
    短い中断時間を設けることで他のことに気を取られにくくする。
    ゴールを設定するとそこで止まりかねない。成功したと思うと進むのをやめかねない。ゴール達成後を事前に決めておく。
    自分にとって負担の少ない贅沢をいくつか見つけておく。
    口だけ習慣にせず、今はやらない、と決めるほうがいい。自分をどう語るかがアイデンティティのとらえ方に影響する。アイデンティティは習慣の代わりにならないことに注意。アイデンティティが問題になるなら変える。
    自分の性質が土台にないと、幸せな日々は成り立たない。
    悪い習慣を壊すのでなく抜けだす。その人にとって幸せな生活になる習慣を作る

  • よかったけど、happiness of pursuitの本が良すぎてそこまでかな。

  • マイロハスにて取り上げました!

    ★やる気よりやり方。4タイプ別・新習慣を身につけるコツ
    https://www.mylohas.net/2018/01/161083.html

  • 習慣。最近ここを考えてます。
    結局この本にもありましたが自制心によって判断することを習慣にしてしまえばいいんじゃないかということです。
    そのために僕は物を少なくしてる気がしました。
    服は10着。
    食器はグラス3つに皿2枚。
    お腹が減って1人でいるときは同じ物を食べる(今は豆腐と納豆)とか。
    今日何を着ようかとか何を食べようかをそうすることで考えずに済むので。
    本にもありましたが人は毎日40%が同じ行動のようです。
    自制心で誘惑に対抗しても2回に1回程度しか成功しないともありました。
    自分の習慣を正確に測定するとその習慣に時間、お金、エネルギーを費やす価値があるか判断しやすくなる。
    食べ物に関してだと自分が断つ派なのか量を減らす派なのかとか、運動は毎日自分で決めたことをやれるのかお金をジムに払わないとできないタイプなのかとか。
    主に人には4タイプあります。
    まずは自分がどのタイプに当てはまるのか自分を知らないと良い習慣は形成できないでしょうね。
    一生ダイエットしてる人この本読みましょう。

  • 書き方が冗長的で途中で飽きてしまいました。まるでエッセイのよう。

  • 自分がどのようなタイプかによって習慣化の方法はことなる。
    4つのどの傾向にあるかを知る。
    1.アップホルダー。外から課される期待に応える。自分で自分に課す期待に応える。
    2.クエスチョナー。外から課される期待に反発する。自分で自分に課す期待に応える。
    3.オブライジャー。外から課される期待に応える。自分で自分に課す期待に反発する。
    4.外から課される期待に反発する。自分で自分に課す期待に反発する。
    取り組みは以下の4つ。
    1.測定する。記録をつける。
    2.大きな習慣から始める。それは、睡眠、運動、食生活、整理整頓の4つ。
    3.予定を入れる。毎日やるほうがたまにやるよりも楽。
    4.誰かにチェックされる環境をつくる。

    白紙の状態をつくると新しいことを始めたくなる。
    自分にとっての贅沢を決める。

  • まずは自分について知ること

    睡眠 運動 食生活 整理整頓 が土台

    予定を入れる

    やらざるを得ない状況にする

    めんどうっを排除するし
    やりやすいようにする

    欲求は15分で収まる
    気をそらして待つ

    ささやかな贅沢を許す

    組み合わせ
    ながらで行う

全29件中 1 - 10件を表示

人生を変える習慣のつくり方のその他の作品

人生を変える習慣のつくり方 Kindle版 人生を変える習慣のつくり方 グレッチェン・ルービン

グレッチェン・ルービンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
瀧本 哲史
リンダ グラット...
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

人生を変える習慣のつくり方を本棚に登録しているひと

ツイートする