脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

著者 :
  • 文響社
3.91
  • (30)
  • (46)
  • (25)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 554
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073734

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間の感情は脳内物質でつくられている


    脳内物質の概略
          一言で  感情・気分  その他
    ドーパミン 幸福物質 幸福・快感 報酬系・学習脳
    ノルアドレナリン 恐怖・不安・集中 ストレス反応 仕事脳
    アドレナリン 興奮物質 興奮・怒り 交感神経(昼の神経)
    セロトニン 癒しの物質 落ち着き 平常心 心の安定 共感脳
    メラトニン 睡眠物質 眠気 回復物質 アンチエイジング
    アセチルコリン 記憶と学習 ひらめき 副交感神経(夜の神経)ニコチン シータ波
    エンドルフィン 脳内麻薬 多幸感 アルファ波


    ドーパミンは「報酬」をもらって「やる気」を出す

    ドーパミンが出ると、「物覚えが早くなる」「上達が早くなる」「記憶がよくなる」

    「資格試験の勉強が苦しい」「嫌だ」と思った場合、「不快」刺激をうけたことで「ノルアドレナリン」がでる。


    日頃の仕事や生活の場面でネガティブな考えが浮かんで来たら、すぐにポジティブな表現に置き換える。

    ✖「自分の得意な技術や知識を仕事に発揮異できない」
    〇「不得意な技術や知識を磨くチャンスだ。

    ✖「高度な知識や技術が必要な難しい仕事だ」
    〇「自分に足りないところを勉強し、スキルアップのチャンスにしよう」

    ✖「仕事の内容が自分に合っていない」
    〇「新しいジャンルへの挑戦。未知なる力を発揮するチャンスかもしえない」

    ✖「こんな仕事、自分一人では無理だ」
    〇「チームワークが大切な仕事だ。同僚の協力を得ながら仕事を進めていこう」

    ✖「Aさんは、私の意見をちっとも聞いてくれない」
    〇「自分の意見を言う前に、Aさんの意見をもっと聞いてみよう」

    ✖「職場の雰囲気が悪い」
    〇「自分だけでも、挨拶は元気よく、まめに声掛けするようにしていこう」


    運動すれば、ドーパミンをだせる

    また、集中力や想像力を高める「アセチルコリン」が分泌される。「セロトニン」も活性化するので、少々ハードな運動をすると脳内麻薬と呼ばれる「エンドルフィン」も分泌される。


    ・ノルアドレナリン型モチベーション

     「恐怖」や「不快」や「叱られること」を避けるために頑張る

    ・ドーパミン型モチベーション

     「楽しさ」「ご褒美」「褒められるなど」の報酬を求めて頑張る


    有田秀穂教授(東邦大学)
    「ドーパミンは学習脳、ノルアドレナリンは仕事脳、セロトニンは共感脳」と表現している。


    「シャウティング」大きな声を出して叫ぶことで、脳に刺激が与えられ、アドレナリンが分泌される。


    アドレナリンとノルアドレナリンは、ストレスホルモンの一種でストレスに反応して速やかに分泌される。

    ストレスホルモンは、循環器系、内分泌系、免疫系など全身に働きかけ、種々のストレスから守る役割を担っている。

    最後に成功するのは、オフタイムの使い方がうまい人

    ほとんどの病気、特に成人病にかかる方は、病気になってもおかしくない生活習慣をしている。過労。緊張の連続。休息不足。睡眠不足。運動不足。偏った食事


    心臓がドキドキしたら「成功する」と思え
    「カテコールアミン」という物質が分泌されている。


    満員電車は強烈なアドレナリン・ストレス
    ある研究で「臨戦態勢の戦闘機のパイロット」「機動隊の隊員」「電車で会社に通勤する人」の心拍数や血圧を測定して比較したところ、電車通勤の人がもっとも高い数値を示した。
    データ上は、満員電車に揺られて電車通勤をしている人は、戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも、強いストレスを受けていることになる。


    『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』(大和書房) 本田直之著
    『脳からストレスを消す技術』(サンマーク出版)有田秀穂著

    やる気がないなら、とりあえず始めよう


    素晴らしいアイデアを生み出す重要なヒントが
    『スウェーデン式アイデア・ブック』(フレドリック・ヘーレン著/ダイヤモンド社)という本に書かれている。


    同書は「アイデアが浮かびやすい場所は4つある」

    ①バー(Bar)
    ②お風呂、トイレ(Bathroom)
    ③乗り物のバス(Bus)
    ④ベッド(Bed)

    それぞれの頭文字をとって「創造性の4B」とまとめている

    時間帯によって、向いている仕事は異なっている

    午前中・・「論理的」で「決断力」を要する仕事

    起床してからの午前2~3時間は、「脳のゴールデンタイム」と呼ばれて、脳が最も生き生きとして活動する時間帯。

    午後と夜・・「想像力」と「創造力」を求められる仕事

    午後になると脳は疲れてきて、高度で論理的な作業効率はみるみる低下していく。
    脳が疲れてくるのは、チャンスでもある。論理による思考の縛りがゆるくなり、思いがけない発想ができるから。

    夜の遅い時間帯も、シータ波が非常に出やすいといえます。「ひらめき」や「斬新な発想」などが得られやすいため、クリエイティブな作業に向いている。アセチルコリンの活性が高まり、シータ波が出やすい状態。


    ひらめいたその瞬間に、必ずメモをとる!


    「感謝」は最高の成功法則

    自己啓発本を読むと、必ずと言っていいほど、「成功者は感謝の心を忘れない」「感謝の心を持つことこそ、最高の成功法則」といったことが書かれている。


    ボランティア活動する人は、ボランティア活動しない人に比べ、モチベーションが高く、活動的で、達成感や幸福感を強く感じる。

    平均寿命が長く、その理由は、ボランティア活動によってエンドルフィンが分泌されるためであるという研究がある。

    成功者は、大部分がポジティブ思考。

  • 仕事のパフォーマンスを上げるには、自分の生活習慣から脳の中でどんな事が起こっているのか?を知れました。
    自分がなぜ?早起きできないのかについても、脳の中で何が起こっているのか?
    腹が立ったとき、その場から逃げたいと感じた時。
    自分の事を俯瞰してみる事ができるよいきっかけになった。

  • 精神科医、作家である著者による、脳内物質を意識した仕事術の本。
    ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、メラトニン、アセチルコリン、エンドルフィンという7つの脳内物質について解説しつつ、それぞれをどのように活かすかが書かれている。
    別に読みにくくはないが、分厚い割に内容は薄いので、各章の最後にあるまとめを読んで、気になった箇所だけ本文を読めばいいだろう。

  • 「脳内物質(神経伝達物質)の側面から、仕事の効率化について書いた本」

     樺沢紫苑さんの著作はこの3ヶ月位で4冊くらい読んでいます。そのため、この作品では、他の著作で著者が提案する仕事の効率化のための方法が出てきていることに気が付きました。しかし、他の本では「脳内物質はこのような性質をもっているがゆえにこの行動がよい」という説明はこの本ほど詳しくはされていません。
    つまり、著者が提案する仕事の効率化の方法は、脳内物質の性質に基づいて主張されているのではないかと思いました。
     また、参考文献に記載がありますが、他の本でも脳内物質と仕事効率化について書かれている本はあるようですが、一つの脳内物質に着目して深く書かれているものが多そうです。もし、代表的な脳内物質の性質と仕事の効率化の関係性について興味があればこの本が入門書のような役割を果たせるのではないかと思いました。

  • 脳内物質をわかりやすく解説。科学的に良い習慣や考え方を示唆してくれている。

  • 自己啓発本をたくさん読んでいるせいか、思いの外、内容は普通だった。
    ただ、科学的にアプローチした説明だったので、今まで書いてあった他の本がより明確になった。

  • 人間の主要な脳内物質毎にどのように仕事や生活と関連が深いかを解説している。
    今までに集中力や休息を効率的に行うにはどうしたら良いかを脳内物質の観点から理由付けしているのは新しい切り口だが、実際の実行する面では目新しい部分は少なかった。

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法のその他の作品

樺沢紫苑の作品

ツイートする