マンガ 自営業の老後

著者 :
  • 文響社
3.26
  • (6)
  • (13)
  • (18)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 278
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073901

作品紹介・あらすじ

収入不安定、退職金なし、年金はスズメの涙。フリーランスが、
老後貧困に陥らないために、いまできることのすべて。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ダメな例としては良本かな(笑)
    おすすめできるような対策ではないのと、著者と同じぐらいの年代の方なら悪くないかも。

  • 楽しく読めた。思考が似ていたので、役に立った。

  • 自営業、フリーランスの方々は読んでおくと役立つ本。

  • 借りたもの。
    自営業は自身のリスクを自分で補わなければならない……そんなキビシイ現実を突きつけられる。
    病気・怪我などによる入院で仕事を休まざるをえなくなる(懇意にしていた依頼主が出世してそういう方面に関わらなくなる)、お金の仕組みや制度を知らないが故に襲い掛かってくる“正体不明の不安”がある等、フリーランスの問題点を赤裸々に描写してくれる。
    自立できるイラストレーターって、「締め切りを守る」とか「切れ目なく仕事がある」という事で成り立つ訳ではないのだ……やはり、マネジメントも大きい。
    収入が半減していることが発覚し、著者は正体不明の不安に襲われる。

    その“正体不明の不安”――マネープレッシャー――を解消する方法を紹介。
    それはマネーセンスを磨く、に尽きるだろう。

    民間の保険よりも国民年金、その不足を補う確定拠出年金。
    「消えた年金問題」の際に色々言われたが、やっぱりセーフネットである以上、払った方が良いんだろうな……
    老後のために家を買う章など、何だかんだでリスクを自分で背負わざるを得ないのが読んでいて不安なのだが……(著者さん大丈夫?)
    あと、老後の働き方などで紹介されている方法も、やはり万人共通ではないな…と思ったり。

    すっごく当たり前の話だけれども、あきらめかけていた人には救いになる本。

    【併読】
    うだひろえ『誰も教えてくれないお金の話』( https://booklog.jp/item/1/486113949X )
    山崎元 大橋弘祐『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』( https://booklog.jp/item/1/4905073243 )

  • 自営業の老後についてのパートと、自営業そのものについてのパートがあるという思った方が良い。
    そして自営業にとっては、どちらも為になる。
    漫画でスッと読めるので、オススメしやすい。

  • わかりやすく参考になる。
    面白おかしくもある。

  • 40代後半になると、わけもなく仕事の依頼がへる。
    時間を買う=ルンバとブラーハ。

    細く長く仕事をする。そのためには自転車のように止まらない。営業を続ける。
    目の前の仕事をしながら、営業も続ける。
    日銭を追わず、価値を高める仕事を続ける。

    年金は使えるうちに使っちゃう。貯金しない。体が動かなくなったら使えない。
    国民年金は払い損にはならない。社会保険は会社支払い分も含めると支払い損になる可能性がある。

    年金は付加年金料を払う。2年で元が取れる。

    保険会社が一番儲かるのが個人年金保険。

  • 自営業の老後をほのぼのとした絵で、専門家の話もタメになりました。
    著者はだらしない性格ですが、まぁそれはさておき面白かったです。
    ありのままの自分をさらけ出した感じはよいと思います。

  • マンガなんですぐ読み終わりました。
    いろんな自営業の人の紹介がマンガで描写されてるので読みやすく、そこそこおもしろかった。
    当たり前ですが同じ自営業でも人によって状況やタイプが全然違います。
    お金の管理、年金、保険、税金、ローン、不動産投資などなどいろいろありました。
    住宅ローン組みやすくするために結婚するとかリアル…。
    僕も実際お金の管理は超ダメで、一人暮らしを始めた頃はビビっていろいろちゃんとやってましたが、副業もやり出してから収入とか細かく不明になったり引き落としの口座がいろいろ別れてたりかなりダメになってる部分を正そうと思いました。
    電気止まったとかはないですけど家賃の振り込みとか平気で忘れてる時ありますしね。w(管理会社から電話きて慌てて払いに行く)
    自営業、フリーランスだと好きなように仕事ができるイメージがあって良さそうですが実際仕事がなかったらただの無職なんで人一倍考えないとダメですよね。
    本にもありましたが、今儲かってる時、普通の時、儲かってない時を表す7・5・3周期も自分で理解しないといけないですね。
    儲かってる時って多分それがわからなくなります。
    実際ずっと永遠に儲かってる人って自営業じゃいないでしょう。
    いくら稼いでたら儲かってると思うかでしょうけど。
    僕のお客さんも全員禿げたら僕なんかすぐ必要なくなるなぁとかたまに思います。w
    あぁ自由業。不安業。
    うっかり長生きとかしたらどうしよう。
    お金の管理ちゃんとします。

  • 自営業を始めて思うのが、会社員の時は新人に見合ってない安定したお給料をいただけていたなーと、改めて感じるのです。右も左もわからず、メールの打ち方もわかっていないペーペーによくもあんなにお給料出してくれていたと、今更ながら思います。

    年金とか保険料とか、会社員の時は気にしていなかったお金たちをこの本で学びました。個人事業を始めた方は是非、拝読していただきたい。

    この大事なお金の流れを義務教育のうちから、是非とも授業に組み込んでもらいたい。人間社会で生きていくのに、最低限のお金の知識があると、もっと働き方が変わるはず。

全23件中 1 - 10件を表示

プロフィール

イラストレーター歴25年の53歳。これまで雑誌・書籍でお金関係のイラストやマンガを大量に描いてきたのに、お金まわりの知識とセンスが欠落しており、将来設計をしないまま50代に突入。事務手続きも大の苦手。でも〆切りは絶対に守るまじめな働きマン。共著に『マンガ 女のお金の超常識』『マンガ 読むだけでチョットよくなるあなたの英会話』『8歳からのお給料袋』(いずれもマンガ担当)などがある。
同業者の夫と猫4匹と暮らす。
ブログ「ハラいっぱいだよ 困ったもんだ」http://ameblo.jp/nekonobitti/

マンガ 自営業の老後のその他の作品

マンガ 自営業の老後 Kindle版 マンガ 自営業の老後 上田惣子

上田惣子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
又吉 直樹
リンダ グラット...
村田 沙耶香
ヴィクトール・E...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガ 自営業の老後を本棚に登録しているひと

ツイートする