BOARD GAME GUIDE 500

著者 :
  • スモール出版
3.47
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 75
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (117ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905158158

作品紹介・あらすじ

東京・三鷹にある人気のボードゲーム専門店「テンデイズゲームズ」の店長・田中誠によるボードゲームガイドブックの決定版。
第1章ではドイツボードゲームの30年という歴史を振り返りながら、それぞれの時代や様々なシーンを彩った印象的なタイトルを年代ごとに分けて紹介。
第2章ではゲスト執筆陣も交え、ゲームの持つ魅力や楽しみ方、デザイナーというアプローチなど様々なテーマでボードゲームについて掘り下げます。
究極のボードゲーム500タイトルを厳選した圧倒的なボリュームで、ゲームへの愛とこだわりが凝縮した著者渾身のガイド本です。

■第1章 ドイツボードゲーム30年史
1980年代/1990年代前半/1990年代後半/2000年代前半/2000年代後半/2010年以降
■第2章 テーマ別セレクション
ドイツゲームの3K/新時代を飾った3人/ドイツゲーム ニュージェネレーション/個性的なデザイナーたち/共作/リメイク/協力ゲーム/リアルタイム系・アクション系ゲーム/軽量級ゲームの魅力/「ドミニオン」以降世代にとってのドイツゲーム/夫婦で楽しむボードゲーム/飲みながら楽しむゲーム/誰も知らないクニツィア/あの名作を忘れてませんか?/ハイブリッド:ユーロとアメリカンの子供たち/ポーランドにおけるボードゲームシーン/ドイツのゲームデザイナーのフェイバリットタイトル/日本ドイツゲームシーンの夜明け/これからのドイツゲームシーンを占う10タイトル/極私的10点満点ゲーム
この他、コラムやインタビューなども掲載

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/

  • 教員推薦

    (特集:「ゲームを作ろう!」)

    ↓利用状況はこちらから↓
    https://mlib3.nit.ac.jp/webopac/BB00542585

  • 【請求記号】7900:79

  • 500個のゲーム。すごいいっぱい。
    ベットの横に置いて、眠る前のお楽しみとしてちょっとずつ読んでましたが、終わらないんじゃないかと思いました。

    今までの本って、基本、ベストなゲームが紹介してあるものがほとんどですが、この本のすごいところは、イマイチなものイマイチと紹介してあるところです。

    まあでも、書いた人にとってイマイチでも、もしかすると、楽しいゲームもあるかもしれないので、こんな風に数を紹介するのはアリかもしれません。
    実は、タナカマさんだけの本ではなくて、いろいろな人が書いてます。

  • 歴史をたどることを考える。

    ボードゲームにだって歴史はあるよね。そらもう昔からあるってことは知ってはいたけれど、それをここ30年のドイツに絞って見せてくれたりすると、また違った魅力が見えてくるのよ。というかなんというか、まあまたひとつ物欲リストが増えたわけで。あとやっぱりおれクニツィア好きなのだろうと…(持ってるものがえらい偏っている)。

    よーし500個くらいすぐ揃えちゃるけんねー!(宣誓)

  • 定番で遊ばれているボードゲームを解説した本でした。

    それぞれのゲームの評価は的確に書かれているので、今後ボードゲームを買う場合の参考にしたいと思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

第1章第2節、第2章第1節
一般社団法人東京都農業会議総務部長

「2022年 『都市農業の変化と援農ボランティアの役割』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中誠の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×