日本人の魂のゆくえ―古代日本と琉球の死生観

著者 : 谷川健一
  • 冨山房インターナショナル (2012年6月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905194385

作品紹介・あらすじ

誕生と死は、日本人にとってどのようなものであったのか。死者、祖霊、神はいつも生者の傍らにあって、ともに遊んだそこには、死者を永久に閉じこめる息の詰まる世界はない。-古代日本と琉球にさぐる日本人の精神の基層。

日本人の魂のゆくえ―古代日本と琉球の死生観の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本における赤不浄や黒不浄に関する考え方を、沖縄や日本各地の葬送方法やうたから推察した本。斬新で面白かった。

  • 一言でいうと、非常に難解。
    途中飛ばし読みになってしまうほど
    だから、余計に難解になって行きます

全2件中 1 - 2件を表示

谷川健一の作品

日本人の魂のゆくえ―古代日本と琉球の死生観はこんな本です

ツイートする