現代国語教育史研究

著者 :
  • 冨山房インターナショナル
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905194590

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文学の「読むこと」中心に戦後の国語教育の変遷をまとめた良書。
    結局、今の国語教育の問題も昔からの繰り返しだということがわかる。
    豊穣な過去の実践に学ぶために、何度も立ち返りたい本。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京学芸大学名誉教授 全早稲田大学教授1933年生まれ。横浜国立大学卒業後、神奈川県、東京都で小学校・中学校・高校の教育現場を体験したのち、横浜国立大学助教授を経て、東京学芸大学教授、早稲田大学教授を歴任。定年退職後、「ことば文化研究室」を解説し主宰。著書には、『戦後国語教育問題史』(大修館書店)など、言語・文学・国語教育関係のものが多数ある。

「2015年 『書きたいことが、いっぱいみつかる 作文教室  小学5・6年生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田近洵一の作品

ツイートする
×