おどる詩 あそぶ詩 きこえる詩

制作 : はせ みつこ  飯野 和好 
  • 冨山房インターナショナル
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905194927

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み聞かせ講座で紹介されていたので、図書館で借りた。

    声に出して読む、意味はあるかもしれないしないかもしれない、たのしい詩。

    岸田衿子さんの「どうぶつはいくあそび」がくせになりそう。
     ころころち ぴちくちぺちぽ ちてぴるぱ(ぴいこ)
     ふんちーを ちゅーちば ちゅーちー なちゅーちる(ちゅうた)
    声に出して読むと、楽しくなってくる!
    阪田寛夫さんの詩がおもしろい。
    何色ものカラフルなインクで印刷されていて、クーピーのにおいがして、なんだか懐かしかった。

  • とにかく声に出して読んでください。
    黙読では楽しさの半分も伝わりません。
    声に出して読んでみたら、自然とリズムが生まれます。
    音の響きに身を任せて、詩の世界を楽しんでください。

    詩の本は、ものによってはとっても苦手なんだけど、これに収録されている詩は楽しいものがとても多くて良かったです。

    表紙の飯野さんの絵が、飯野さんにしては…って言ったらとっても失礼ですが、とっても可愛らしく、楽しさに溢れています。
    でもやっぱり飯野さんなんだけど。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする