戦術リストランテIII 「ポスト・バルセロナ」の新たな潮流

著者 :
  • ソル・メディア
3.69
  • (3)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905349211

作品紹介・あらすじ

最強バルセロナ時代の終わり-。今が歴史の転換点、ポゼッションサッカーの「次」を徹底分析。正統進化、アンチテーゼ、異色のアイディア…新しい戦術の胎動はもう始まっている!第3弾はワンテーマを追求する新境地。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2013-2014あたりの欧州トップクラブにおける戦術の分析本。今となっては一昔前だが、サッカーの戦術が時代によってどんどんと進化し、またその対策として新たな戦術が生み出されていく様子がよく分る。現代サッカーのトレンドを理解する上でも、ちょっと前のおさらい本として非常に有用では。

  • ちょっと読むのが遅くなってしまったけど、サッカーの戦術を理解するには最適な本。

  • 1.2に続いて、雑誌の寄稿したものを再構成したもの。副題は、「ポスト・バルセロナの新たな潮流」

    まさにティキ・タカでポゼッションで一大センセーションを巻き起こしたバルセロナ対策への戦術、そしてバルセロナの系譜に続く戦術を紹介している。

    バルセロナ方式+α、カウンターアタック、3バックシステムの復権、マンU・ミラン・アーセナルの苦悩、バルセロナシステムの再考、ドイツ代表の優勝と旬の分析が面白い。戦術マニアには至高の一冊です。

  • 20150118読了

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。06年の『footballista』創刊時から「戦術リストランテ」を連載中で、同誌が主催する各種サッカーイベントにも多数出演している。趣味もサッカーで、東京都シニアリーグで現役続行中。主な著書に『サッカー戦術クロニクル』シリーズ、『スローフット』、『1974フットボールオデッセイ』(双葉社)、『戦術リストランテ』シリーズ(小社刊)など。

「2020年 『戦術リストランテⅥ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西部謙司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロ・アンチェ...
リンダ グラット...
フアン・カルロス...
ジャレド・ダイア...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×