「社長」と「CEO」のちがい、わかりますか?

著者 :
  • 言視舎
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905369769

作品紹介・あらすじ

ビジネスマンを必ずくすぐる1冊 
「リーダー」、「マネージャー」、「エキスパート」って、結局なにをする人?
「部長」と「部部長」……どうちがうの?
取引先で渡された名刺「課長補佐」と「課長代理」って、どっちが「えらい」?
「執行役員」は「役員」ではない!? ネコでもなれる!?
日本で最初に名刺を使ったのは坂本龍馬? 新選組の近藤勇はなぜ「局長」なのか?
肩書きのホントウの意味、名刺交換のマナー…できる人は「名刺社会」を生きるツボを知っている。
プライドと意地が交差する、面妖なる名刺ワールド。
終身雇用が崩れ、「上」に上っていくという物語が成り立たなくなってしまった現在、それでも「肩書き」は隠然たる何かであることに変わりはない。たかが名刺、されど名刺。名刺に秘められた会社(=社会)、社員のあり方の機微を、その解読を通じて面白おかしく描いていく。
名刺をめぐるクイズ付(例:部長・部長補佐・部長代理~「偉い」順に並べなさい)
できる人は知っている、本当は「偉い」人とじつは「そうでもない」人。あなたはとんでもない失敗をしているかもしれない! 

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たかが名刺されど名刺


    日本には多くの役職名が存在する。
    そこには色々な意味が存在し、役割、その人の歴史が存在する。


    最低限のルールだけ理解しあとは柔軟に対応することが重要である。

  • 名刺を侮れない。役職は難しい

全2件中 1 - 2件を表示

内池久貴の作品

「社長」と「CEO」のちがい、わかりますか?を本棚に登録しているひと

ツイートする