父親はどこへ消えたか -映画で語る現代心理分析- (シエスタ)

著者 :
  • 学芸みらい社
3.94
  • (4)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905374121

作品紹介・あらすじ

なぜ、リーダーシップに悩むのか。100本を超える映画から、映画評論家であり精神科医である著者が答えを導く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者の本は何冊か読んでいますが、

    ①映画やアニメの中の「父性」について述べていること
    ②私自身が4才児の父親であること
    ③私が、2歳の時に父親を亡くしていること

    以上の3つの理由から、この本を手に取りました。
    特に気になった点としては、
    ①父親とは乗り越えるべきもの(父親殺し)
    ②父性の役割
    ③弱くなった父親、強くなった母親

    幼き時から父親不在で育ち、やがて父親となった自分が
    では、「父性はどうあるべきか」を探りながら読んでいましたが
    本の中からは見つけることはできませんでした。

    筆者はそれは自身で見つけてくださいと言っていると察します。

    映画好きでなくとも、今父親であってもなくても十分納得、
    共感できる本だと思います。

  • 映画の中の人間関係を、フロイト・ユングの心理学をベースに解釈。
    「父性:規範を示すこと」「母性:包容すること」を軸に、エディプスコンプレックスなど典型的なキーワードを使って紐解いている。
    文章が明快で、映画に詳しくなくても、また心理学に詳しくなくても、主旨がよく理解できる。

  • 弱い父親と強い母親に育てられた子供の心は不安定に・・・
    スターウォーズは父親殺しとエディプス・コンプレックス。映画によく出てくる海賊やアウトローは父親を投影したもの。この本に登場する映画が見たくなる。

  • 【父性】
    自分の父親について考えたい。
    父親としての自分について考えたい。
    と思い、読んでみる。
    そもそも『父性ってなんだ?』って考えたことがなかった。

    著書の中で…
    父性とは『断ち切る』こと(厳しさ。規範を示し、自立・分離をうながす)
    母性とは『包み込む』こと(優しさ。守り、育て、分け隔てなく慈しむ )

    読み進めると、この内容が具体的に腑落ちした。

    理由は『父性』について、洋画、邦画、アニメをとおして語られていること。
    100本以上あげられているので、誰でもひとつくらいは見たことあるはず。
    なのでイメージしやすい。


    読了後、気づきが2つ。

    1.
    作中の『現代は、ただ黙っていても父親として見てもらえる時代ではない。』との言葉。

    確かに!。

    だから、自分に問うて、相手に伝え、行動することって大事なんじゃないかと思う。
    それも『父性』なのかと。
    だとしたら、自分が他者に憧れる部分は、男女問わず、相手の『父性』なんじゃなかろうか?


    2.
    個人的には<悪しき父親パターン例>の

    『強すぎる父親=エヴァの碇ゲンドウ』、
    『弱い父親=ポニョのフジモト』、
    『普通の父親=ガンダムのテム・レイ(酸素欠乏症状態の)』
    のたとえが秀逸だと思った。

    ちなみに、私にとっての理想的父性像はシティーハンターの『冴羽リョウ』。
    ただ、理想に反して私の見た目は『海坊主化』している。
    でも、海坊主も好きだから、良しとする(^^)

  • (メモ:12月25日時点では、アクセスできる図書館には置いていない。)

  • 気になってます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
メールマガジン「精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ」など15万部以上を配信している。その発行部数は国内でも屈指。
Facebookページの「いいね! 」数は14万を超え、個人では最大規模のFacebookページ運営者として知られている。Twitterフォロワーは約12万人。こうしたインターネット・メディアを駆使して、精神医学、心理学の知識や情報をわかりやすく発信している。
また、過去20年間の読書数は6000冊以上にものぼる。その脳科学的な裏付けのある「記憶に残る読書術」により得た知識や情報をSNS上での紹介や執筆活動を通じて広くアウトプットしている。
著書に『読んだら忘れない読書術』『ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術』『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』(サンマーク出版)などがある。

「2018年 『いい緊張は能力を2倍にする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樺沢紫苑の作品

父親はどこへ消えたか -映画で語る現代心理分析- (シエスタ)を本棚に登録しているひと

ツイートする