ゆかいな仏教 (サンガ新書)

  • サンガ
3.59
  • (12)
  • (41)
  • (24)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 446
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905425571

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同じ作者の本読みたい

  • 2015.8.3仏教とは一体なんなのかを、対談形式で明らかにしていく本。主に、世界的な普遍宗教であるキリスト教と比較することで仏教を明らかにしている。キリスト教は、神が人間となり、その間には預言者がいて、そのベクトルそのものはイエスである。仏教は、人間が超越者=仏となり、その間には菩薩がいて、そのベクトルそのものはブッダである。また仏教の定義として、ゴーダマが、覚って、ブッダになった、これだけしかない。仏教にはキリスト教や他の宗教のような教義、ドグマがなく、故にこのシンプルな、ゴーダマ覚ってブッダという本質以外は、様々なものに置き換えが可能であり、よって出家者による小乗、在家者による大乗、密教など様々な方法やルールをもつ宗派がでてくる。しかし共通ゴールは、覚ることなわけだが、この覚りというのも、言葉では語ることができず、それはこの世界のルール、原理を知ること、故に私はその原理と同一だということ、私は宇宙だと了解すること、なのだという。この覚りについてや、また空という概念については、正直よくわからなかった。いやわからなくて正解なのだとも思う。わかったら私は覚っているわけで。仏教はこのように、とにかく自分が幸福になるためのもの、故に個人主義で、このシンプルな本質以外はどんな手段でもルールでもOK、故に自由主義で、輪廻などの生物学的進化学のような概念など、確かな因果関係により思想的構造を説明している(理解は難しいが)、故に合理的で、そしてアンチヒンドゥー、アンチ小乗としての仏教にあるように、誰もが覚れるという、非常にポジティブなものであり、故に理想主義である。宗教が人間の不完全さによる不幸から人間を救うために生み出されたものなら、前提としてまず神を信じるというタイプのような、ある意味非合理的な宗教より、人間が努力により(それは半端ではない、一回の人生では終わらない努力だが)超越者になれるという仏教的な考え方の方が私は好きである。本著は例え話も多く、ところどころで多少難解な概念や哲学的な話が出つつも、全体的には非常にわかりやすく、仏教に対するイメージの変わる一冊である。ただ個人的には、仏教の思想を自分の人生や人格形成に活かしたいという動機の元、この本を手に取ったので、仏教という宗教について語られたこの本は私の関心とは若干外れていたようにも思う。しかし、十分におもしろかった。日本は約1500年ほど前に仏教を取り入れてからずっと影響を受け続けているわけで、我々のもはや意識すらできない当たり前の価値観の中にも、仏教的世界観によるものがあるはずである。そういう意味でも、ぜひ一読をお勧めする教養書である。

  • 以前に読んだ、「不思議なキリスト経」に続いての本書
    キリスト教の本もそうでしたが、2人の掛け合いは
    とても面白く、テンポよく進んでいくので読みやすい
    と思います。
    ただやはり少し難しい部分があるのと、宗教の枠を
    超えて哲学の内容、ソクラテスやカント、ウェーバー、
    ヴィドケンシュタインなどいろいろな内容が織り
    交ざってくるので、何度か読み返えさないと
    理解できなくなるところも多いのも事実です。

    また、仏教の初期から龍樹あたりまでで少し密教が
    入ってくるくらいの内容なので、仏教が中国に渡り
    日本でどういう進化・変化がされたのかは今回は
    あまりふれられていません。この部分については
    また次回やその後でも対談があれば面白いだろうなあ
    と思います。でも次はイスラムかな?

  • キリスト教のほうは面白かったんだけど、こちらはなぜかあんまり読めなかったなあ

  • 文句なしに面白い!冒頭にあるように、日本人であれば「仏教」に対して何らかのイメージは誰でもがもっているはずだが、なかなかその内実はほとんど知らない人ばかりではないか。そんな仏教に対して「へぇ!」の連続。強力におススメの一冊。それにしてもこのコンビの碩学ぶりは本当にすごいです。

  • 14.05.14。
    大澤さん、ウザい。

  • 仏教の本質を一神教と対比させながら、丁寧に解説してくれる対談。初心者にも理解できるよう、分かりやすい比喩を使って面白く語ってくれる。
    キリスト教などの一神教は、ある意味単純で分かりやすいが、非合理的。それに対して仏教は、矛盾がなく合理的だが、精神世界を主題としているので、理解するには哲学的な説明が必要で、少し難解な印象を受けました。しかし仏教は、合理的かつ究極の真相が隠されているため、自然科学が発達した現代にも対応できる柔軟性を持ち、今後も継承されていく価値があると感じました。

  • 大乗仏教の成り立ちや、大乗と上座部仏教徒の違い、また「空」の思想や、そもそもお釈迦様と悟りの関係は、など「そもそも仏教って何なの?」という問いに対話形式でわかりやすく解説した書籍。

  •  大澤真幸がエラそうに小難しくテーマを振ってくるのに対し、橋爪大三郎が平易に諭す形式はなかなか面白い。キリスト教やイスラム教といった一神教との比較で、仏教の輪郭が際立つ。
     一神教はドグマによって定義できるが、仏教にはドグマがない。
     「覚り」とはこの宇宙の全てを包摂されているものではあるが、それは言葉で伝えることができない。そうすると仏教の核心は、『仏陀(ゴータマその人)は悟ったに違いない』と確信すること、その確信が全て。だから、(困ったことに)様々な分派が出現する余地がある。「これが仏教だ」という信念だけでいくらでもヴァリエーションができる。本場イタリアには存在し得ない「醤油味和風パスタ」みたいなものもOK。
     一神教のGodはこの世界を想像した全知全能の存在であり、従って「存在」は確かなものであるが、仏教では、「存在」は確実なものではない。
     一神教のGodは超越的存在で世界を支配しているが、仏陀(覚醒者)は、一切智ではあるが、ただの人間で、支配はしていない。理解しているだけ。
     仏教もキリスト教も、人間は不完全で何とかしなければならないという認識では一致している。その不完全さを「罪」と呼ぶか「苦」と呼ぶか。罪は人間が自分で取り除くことはできない。苦は自らの精進で解消することができる。
     キリスト教の「隣人愛」はGodから命じられたもの。仏教の「慈悲」とは異なる。
     キリスト教の教会の中にGodはいない。教会は執り成しをするだけの代理店。仏教のサンガは代理店ではない。だったら、サンガを飛び越えて仏陀と直接関わろうという試みが、いわゆる大乗仏教。(実は、「教会」という存在はサンガに比べ、宗教的根拠が薄弱)
     イエスは元々神の子であったのが、人間としてこの世に出現した。ゴータマは、はじめは人間で、後に仏陀(覚醒者)となった。
     等々、やれ小乗がとか大乗がとか密教がとかいった些末事に拘泥せず、仏教とは何かという本質的な問いに応えてくれる本。

     仏教の特徴とは、

     ?個人主義(自らが精進する)
     ?自由主義(ドグマがない)
     ?合理的(因果論)
     ?理想主義(良い方向へ向かうための手段がある)

  • 2018/03/30 17:14:28

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

はしづめ・だいさぶろう 1948年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学者。東京工業大学名誉教授。主な著書に『はじめての構造主義』(講談社現代新書)、『言語派社会学の原理』(洋泉社)、『政治の教室』(講談社学術文庫)、『面白くて眠れなくなる社会学』(PHP研究所)、『橋爪大三郎コレクション1~3』(勁草書房)、『丸山眞男の憂鬱』(講談社選書メチエ)、『政治の哲学』(ちくま新書)など多数。大澤真幸氏との共著に『ふしぎなキリスト教』『げんきな日本論』(ともに講談社現代新書)、『ゆかいな仏教』『続・ゆかいな仏教』(ともにサンガ新書)、『アメリカ』(河出新書)などがある。

「2019年 『小林秀雄の悲哀』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆかいな仏教 (サンガ新書)のその他の作品

ゆかいな仏教 Kindle版 ゆかいな仏教 橋爪大三郎

橋爪大三郎の作品

ゆかいな仏教 (サンガ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする