日本の未来 (アイデアがあればグローバル化だって怖くない!)

  • サンガ
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905425946

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここのところ禅寺の座禅会に通っていることもあって、思想としての仏教に興味がある。スリランカ初期仏教長老にして長く日本で伝導に携わる著者は、伝統的な仏教の思想と、現代の資本主義社会とを対立することなく融和させて説明してくれる。思ったより「話が分かる」長老である。FacebookやiPadなどの問題点を的確に指摘するほど現代に通じている。なにより驚いたのは「仏教は宗教ではない」と断じていること。それは「科学」なのだと。「皆さん、宗教から足を洗いましょう。それはすごい束縛なのです」と堂々と述べている。これはずごい。

  • ありそうでなかったタイトルの本。
    スマナサーラ師が日本の現状取り巻く世界情勢と起こりうる未来を語ります。
    高僧が語る、仏教から一歩踏み出した話がどんな内容か、興味を持ちました。

    世界中で起こってきた宗教戦争。
    「人間を殺してやるぞ」という思考を作ったのは、政治ではなく宗教だというのはなかなかの衝撃でした。
    自己正当化の結果、排他的になるということでしょうか。

    NGO活動とは、自分の営利を顧みずに奉仕的意識で行うことだと思いますが、西洋のNGOは自分の宗教を教える目的があるのだそうです。
    強引さが伴われるため、その国の文化を破壊する可能性もはらんでいるとのこと。
    海外では、よその国からのNGO団体の評判は悪いそうです。

    ただ日本のNGOは純粋にボランティアとしての活動を行うため、感謝されるのだそう。
    日本人は、明確な宗教への信仰心がないためだと師は説きます。
    たしかに、神道も仏教も、あまりに日本文化や生活の中に融けこんでおり、わざわざそれを広めようとする気持ちは起こりません。

    目下、イスラム教徒が宗教戦争を広げていますが、他教徒の私たちには宗教分布図がよくわからないところがあります。
    特に、さまざまな宗教が混然としている南アジア地方。
    インドとスリランカは、イスラムではない、民主主義の国。
    パキスタン、バングラデシュ、アフガニスタンはイスラム教の国で、独裁主義かもしれないとのことです。

    人と戦うことではなく、人を助けることが仏教的な勝利者の道。
    奪い取るのではなく、分け合うことでお互いの壁が消え、本当のおもてなしとなるのだそう。

    とはいえ、マイナス面なくしては何も成り立たないというのも仏教的な解釈だといいます。何かを壊すことで何かが作られるというのが世の必定。
    無から何かを作ることは、キリスト教の神様以外はできないそうです。

    パンダが繁殖しにくいのはお互いを敵だと見る動物だからだということや、中国は音速より五倍ほど速く飛ぶミサイルを作ったことなど、メインとは逸れる箇所にも役立つ内容がありました。

    いかなるときにも悩みにとらわれず、落ち着いて生きることが、将来を迷走させずに済むことなのでしょう。
    過去や将来に影響されず、いつも「今」に向き合い続けることが大事だと述べる本でした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。1945年4月、スリランカ生まれ。スリランカ仏教界長老。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学の教鞭をとる。1980年に来日。駒澤大学大学院博士課程を経て、現在は日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事している。朝日カルチャーセンター(東京)の講師を務めるほか、NHK教育テレビ「こころの時代」などにも出演。『くじけないこと』 (角川SSC新書)、『執着しないこと』(中経出版)、『怒らないこと』『生きる勉強』(以上、サンガ新書)など著書多数。

「2017年 『ためない生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本の未来 (アイデアがあればグローバル化だって怖くない!)のその他の作品

アルボムッレ・スマナサーラの作品

ツイートする