長男;鴨猟 (現代のロシア文学)

  • 群像社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905821847

作品紹介・あらすじ

ある日突然現れた息子の話と、切ったら切れた、人間関係の話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「長男」:ナンパ相手の家に泊めてもらうはずが失敗。終電を逃した男二人は偶然知ったサラファーノフに"あなたの息子です"と嘘をつくことで夜を明かそうとする/夢想家に対するほろ苦いユーモアが漂う。海外作品特有の情がありつつベタッとしないハッピーエンドが好み。

    「鴨猟」:ズィーロフの元へ"悲しみに沈む友人一同より"と花輪が送られてくる。悪趣味な冗談が行なわれるに至った経緯とは?/大人になりきれないこじらせ中年の存在はいつの世にもいたようで…自分は浮気しつつ妻の浮気は許さない所がまさに駄目男。居酒屋で話題の中心になるけれども関わり合いになりたくないタイプの人間を巧みに書いている。

    「窓から野原の見える家」:夜の10時。村を離れる若い教師が最後の挨拶として女性の家を訪れる。ぐだぐだ話しているうちに合唱隊が家の前に近付き、教師は女性からスキャンダルになるので今は出て行かないでとお願いされる。/短いながらこちらもいい話系統。不条理風なのが面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

宮沢俊一の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×