村落共同体と性的規範―夜這い概論

著者 :
  • 言叢社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (533ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905913450

作品紹介・あらすじ

1920年代〜30年代西日本の解体しつつある農村社会に足をつけ、みずから経験した性習俗を拡張しながら膨大な聞き書きを重ねてなった性習俗規範の近代民衆史論。その独特の語りの文体は、柳田国男『明治大正史世相篇』が描くことのなかった近代民衆の等身の性の実像をはじめて描きだした。

著者プロフィール

1909-2000。民俗学者。主著に『夜這いの民俗学』『差別の民俗学』など。

「2017年 『性・差別・民俗』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤松啓介の作品

村落共同体と性的規範―夜這い概論を本棚に登録しているひと

ツイートする
×