軍事システムエンジニアリング―イージスからネットワーク中心の戦闘まで、いかにシステムコンセプトは創出されたか

著者 :
  • かや書房
3.71
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906124633

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イージスシステムの開発の歴史と、そのシステムの構成を解説した良書。著者は退役海上自衛官(海将補)。長くプログラム業務隊(現指揮通信開発隊)に勤務し、幹部自衛官として対空ミサイルの導入に関わる中で、戦闘システムの構築を米海軍より学び、それを海上自衛隊に根付かせた功労者の一人。イージスシステムに興味のある人ならずとも、高度な軍事システムの理解は、他のシステム設計分野にも応用が利くので、そちらの興味が強い人にもお勧め。

  • Asian Reading アジアの活読
    軍事システムエンジニアリング 大熊康之 かや書房
    AEGISのコンセプト創出からその運用まで、US.NAVYの重鎮をフォローしながらSystem of Systemsを解説。これはアジアの活読Award本に決定!
    ミカルコの研究から①問題を多くの異なった方法で観る ②自らの思考を視覚化する ③出力を多する ④斬新な組み合わせを行う ⑤関連付けを強制する ⑥逆転思考を行う  ⑦暗喩(Metaphor)的に考える ⑧偶然の機会(Serendipity)を逃さない
    そして、ノーバート・ウイナー(サイバネティクスの創始者)が言う、最も最高の意味では、最高の創造は、最高の批判によらなけばならない。

全2件中 1 - 2件を表示

大熊康之の作品

軍事システムエンジニアリング―イージスからネットワーク中心の戦闘まで、いかにシステムコンセプトは創出されたかを本棚に登録しているひと

ツイートする