うさんごろとおばけ

著者 :
  • グランまま社
4.07
  • (5)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (77ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906195428

作品紹介・あらすじ

うさぎのうさんごろは、からだがでっかい、めだまもでっかい、おまけいにまんげつのばんには、ふしぎなちからがでるんだ。げんきなうさんごろの、ゆかいなおはなし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うさぎのうさんごろは、身体も目玉もでっかいうさぎ。もひとつオマケに、話しもでっかい。うさんごろの母さんが、うさぎの守り神のうさはちまんに願掛けして生まれたので、満月の晩には、うさんごろは特別な力が出るんだそうな。
    そんなうさんごろの(ほら?)話。
    鉄砲かついで鳥を撃ちに行ってはお日様を打ち落としてしまったり、1000匹の河童と相撲をして勝ったり、お墓の側に引っ越して、おばけを見物しようとしたり。
    ちょっと楽しい幼年文学。

  • なぉの、けんきゅうの、げんてん!(ハ)
    ←あ!おかあちゃん、かいたなぁ!(な)
    ←ケケケ(`∀´)(ハ)

  • 「なむ うさはちまん だいぼさつ。あじゃらかもくれん きゅうらいす てけれっつの ぱあ」・・・この呪文を覚えられるうさんごろはそれだけですごいです。

  • 沼におしっこをするとカッパがでてきます。

全4件中 1 - 4件を表示

うさんごろとおばけのその他の作品

瀬名恵子の作品

ツイートする