そらをとんだたまごやき (おはなし広場)

著者 :
制作 : 和田 誠 
  • クレヨンハウス
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784906379309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 16 大きな卵焼きつくりたくなる(*^^*)

  • たまご20このたまごやきが、父娘をのせて旅をするお話。娘に対して、ムキになったり、空を飛んだら怖がったりするおとうさんが、なんともかわいい。ほのぼのしつつも、「たまごは、そらをとべないからね。それに、たいていのたまごは、とりにならずにたべられちゃうからね」というたまごやきのセリフがなんともシュール。

  • たまご20個分のたまごやきは、めぐちゃんとおとうさんを乗せて空を飛んだあと、2人に食べてもらうたまごやきに戻っておさらにのっかっていました、という話。

  • 旦那さんの祖父母から頂いた本。チビが3歳の時に貰ったけど・・・活字多すぎです。

  • 玉子焼きを作ろうと、お父さんと合わせて20個卵を割ってしまっためぐちゃん。
     あわてるお父さんにめぐちゃんは家で一番大きなフライパンを使って卵焼きを作ります。
     「あつい!」と叫んで天井に飛び上がった20個分の大きな玉子焼き。
     熱いから冷蔵庫の向こうに行くと言い張りますが…。
     冷蔵庫の向こう?には何があるのでしょう?

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

作家。執筆と並行して、東京と大阪で、子どもの本の専門店「クレヨンハウス」を主宰。おもな著書に『人生案内 自分を育てる悩み方』(岩波新書)、『母に歌う子守唄わたしの介護日誌』(朝日新聞社)、『絵本屋の日曜日』(岩波書店)など。翻訳書に「ぞうさん・ぶたさん」シリーズ(クレヨンハウス)、「とびっきりのともだち」(BL出版)など。

落合恵子の作品

ツイートする