落語絵本 四 じゅげむ

著者 :
  • クレヨンハウス
3.91
  • (74)
  • (88)
  • (84)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1014
感想 : 104
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906379804

作品紹介・あらすじ

きっと世界一長い名前のもち主「じゅげむ」ちゃん。
めでたいものの名前を並べると、ざっと136文字。
名を呼ぶほうも、呼ばれるほうも、じれったい、とは言いっこなし。
これも、子を思う親ごころ。「じゅげむじゅげむ……」ととなえれば、みんなしあわせになれそう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • めでたい名前‼️

  • 『じゅげむじゅげむ…』いかに、この名前一つ一つに意味があるか、という説明部分は大真面目にバカバカしく。
    育って、お友達などに名を呼ばれる部分はクドくならないように緩急つけて読む、という感じか。
    奥が深い。1,2年生向け

  • 落語ならではのばかばかしいお話。大好きです。

  • じゅげむじゅげむごこうのすりきれ、かいじゃりすいぎょ、すいぎょうまつ、うんらいまつ、ふうらいまつ、くうねるところにすむところ、やあぶらこうじのやぶこうじ、パイポパイポパイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイの、ポンポコピーの、ポンポコナーの、ちょうきゅうめいのちょうすけ。
    と娘が手で目を覆いながら、狂ったように繰り返している。

  • 落語絵本の定番
    音読でも覚えたし、やはりテンポが良くて面白い

  • 4才でも「寿限無」の名前がすっかり暗唱できるようになりました。

  • じゅげむ 落語絵本
    川端 誠:作
    くれよんはうす

    以前読んだことがあったこの絵本が、子どもたちは大好き!
    また図書室で予約して借りました。

    じゅげむじゅげむごこうのすりきれ、、、

    と、暗記しています

  • 長女 4歳4ヶ月
    次女三女 2歳5ヶ月

    みんなに大人気の絵本でした。
    長女はあっという間に覚えて誇らしげに発表。
    下の子もパイポパイポと楽しそう。

    語り口も落語家さんのもののように気持ちよく、落語への入門にとてもよかったです。

  • 長生きできる名前を和尚さんにきいたら

    こんな長い名前に


    じゅげむのおさらいに

  • 中学校で読み聞かせをしました。どんな話かはだいたいは知っていたみたいですが、あの長い名前の由来は知らなかったと言う声をいただきました。

全104件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年,新潟県生まれ。絵本作家。 1982年に『鳥の島』でデビュー(第五回絵本にっぽん賞受賞)。著作は「風来坊」シリーズ,「お化け」シリーズ,『槍ヶ岳山頂』『地球を掘る』(BL出版),「落語絵本」シリーズ(クレヨンハウス)など多数。作家ならではの絵本解説も好評。さし絵の仕事は今回が初めて。

「2021年 『青空晴之助』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川端誠の作品

ツイートする
×