アメリカ連邦議会―世界最強議会の政策形成と政策実現

著者 :
  • 公人社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906430987

作品紹介・あらすじ

本書が対象とするのは、教科書的議会以後の現在のアメリカ連邦議会である。アメリカ連邦議会が何故独自の政策形成が可能なのか、それを議会制度と活動実態の両面から明らかにすることが本書の第一の目的である。さらに、アメリカ連邦議会は1970年代以降何故これほど大きく変化したのか、その変化の詳細と原因を明らかにし、現在のアメリカ連邦議会の姿を伝えることが本書の第二の目的である。さらにそのようなアメリカ連邦議会をアメリカの政治研究者がどのように理解し、理論化しているかについても概観する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国会図書館職員によるアメリカ連邦議会の制度解説。内容は最近の動向を捉えながら立法過程などの制度の解説にとどまるが、複雑なアメリカ連邦議会の制度を詳説することはそれほど簡単なことではない。大山礼子氏の『国会学入門』同様、評価できる。

全1件中 1 - 1件を表示

廣瀬淳子の作品

アメリカ連邦議会―世界最強議会の政策形成と政策実現を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×