小林多喜二 蟹工船

  • 金曜日
3.59
  • (4)
  • (11)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906605446

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近、話題となった「蟹工船」という言葉。
    俺は小説を読んで、はじめて蟹工船の悲惨さを知った。
    現在のフリーターや派遣もこんなに悲惨な状態なのだろうか。
    人を人として扱わない非道な行為は早くなくなってほしい。

    解説の1人が左翼的な発言をしていたが、「蟹工船」もそのように見られているのか。
    過激な改革は、結局敗者をうむこととなる。
    (星3つは解説も含めてのランク)

  • 遠藤周作の「沈黙」を読んだときと同じように途中までは苦しかった。こんな辛い人生ないわ、今の若者が共感するって言ってたけど比較になんないでしょ。悲惨すぎって思ったけど中盤以降甘くなっちゃった感じ。でも25歳でコレを書いたのはすごいと思う。文体も魅力的だった。

全14件中 11 - 14件を表示

小林多喜二 蟹工船のその他の作品

蟹工船 Kindle版 蟹工船 小林多喜二
小林多喜二 蟹工船 (大きな字で名作を読む) 単行本(ソフトカバー) 小林多喜二 蟹工船 (大きな字で名作を読む) 小林多喜二

小林多喜二の作品

ツイートする