ぼくらが子役だったとき

著者 :
  • 金曜日
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906605460

作品紹介・あらすじ

体験者が自らが語る「子役」に状況と意見を集大成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2021年4月20日
    子どもであり、大人のマナーを守っている子ども。
    当時と今の子役のあり方。母親との確執のあるやなしや。
    人それぞれだけど、子役から俳優にスライドするのは簡単ではない。

  • そもそも著者を知らない…
    古すぎて、でもその記憶がズルズルひきずって、大変だね。
    自分の考えてる方向に無理やり話を持ってこうとする姿勢がうざくて
    半分も読まず。
    自己満足バンザイ

  • 松島トモ子、小林綾子、浜田光夫、四方晴美、小林幸子、和泉雅子、風間杜夫、弘田美枝子等々、その昔テレビや舞台で活躍していた往年の子役スターと、こちらも天才子役であった中山千夏さんの対談集。子どもらしさを求められながらも、子どものままではできない役者稼業、親の意思でなった人、なんとなくの人、学校が嫌いだったからの人、いろいろだけれど経験は血肉となって今がある。否定的な意見の人はいないってことは、思い出は美しくなるってことかな。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1948年熊本県生まれ。子役で舞台デビューし、その後俳優・司会者・歌手・声優として幅広く活躍。1980年「きれいな未来を子供たちに手わたしたいから」と訴えて参議院議員に当選し、一期務めた。現在も市民運動にかかわりながら文筆活動を続けている。絵本『どんなかんじかなあ』(自由国民社)で日本絵本賞受賞。

「2019年 『主人公はきみだ ライツのランプをともそうよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山千夏の作品

ツイートする
×