左翼・右翼がわかる!―天皇制 西郷隆盛 三島由紀夫 日蓮 宮沢賢治 大本 オウム真理教 軍隊

  • 金曜日
3.38
  • (3)
  • (2)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906605651

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 左翼は社会を、右翼は個人を中心に考える

    太平洋戦争を侵略戦争と見るのが左翼で正義の戦争と見るのが右翼

    国のために何ができるか、ということを常に考えている人たちが右翼
    国は個人を圧迫、弾圧するシステムだと考えている人たちが左翼

    [今や一貫した右翼、左翼というのはいないのではないか?今右翼左翼と言われているのも相対的なものでしかない。左右に分けることの意味はすでに薄れているのではなかろうか?]

  • 右翼・左翼と呼ぶことに意味がなくなり、その時代はもう終わったという言葉を読めただけでも、読んだ価値はあった。

    内容はやや退屈だが、右翼・左翼の概要を理解できた。

  • 安直に右翼左翼の本を読んだはいいけれど分かったことは自分に確固たる思想がないということ。だけ。

  • すごく良い対談本。相手の話を聞かずにわあわあわめいてるだけのテレビの討論番組とはレベルが全く違う。

  • 日本に流布している、右翼・左翼のイメージがいかにインチキかがわかる本。本来の右翼はインターナショナルなもので、一国愛国主義をとらない。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1945年生まれ。週刊金曜日編集委員。著書『佐高信の政経外科』シリーズはじめ多数。

「2019年 『戦後世代はどんな日本を残すべきか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐高信の作品

左翼・右翼がわかる!―天皇制 西郷隆盛 三島由紀夫 日蓮 宮沢賢治 大本 オウム真理教 軍隊を本棚に登録しているひと

ツイートする