もっとも大切なこと

制作 : フランクリンコヴィージャパン  Hyrum W. Smith 
  • キングベアー出版
3.62
  • (8)
  • (2)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906638222

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • TQに続く、ハイラム・スミスの2冊目の本。自分の価値観探しの参考にと思い購入した。

  • 自分の人生にとって何が大事か? 何を実現させたいのか?
    そういうことを見つめて生きることこそ充実した人生だということを説いている。

    個人ミッションの作成などはとても重要。

  • むー、ブックオフで安かったので買ってみた。

    ひっかりもなく読めたというか、…。

  • 「ソース-あなたの人生の源はワクワクすることにある。」と同じベクトルのメッセージを伝えている。

    「ソース」とともに読んでみることをお勧めします。

    こちらは、”大切なこと”の理解を深めることに焦点が当たっているので、
    ミッション・ビジョンの大切さとその構造と結果を知ることができます。

    一方、「ソース」は、それをスムーズで自然に見出すプログラムを伝えています。


    さて、この中で、ぜひ知っておいてほしいことは、「思いの窓」です。

    「思いの窓」とは、あなた本来の生き方を必ず見つけることができる強力な質問です。

    その質問とは、「この行動の結果でいつか私の欲求は満たされるだろうか?」

    真正面から向き合うことで、
    (1)行動の責任をずばり求められます。
    そして、
    (2)その人の人格を攻撃することなく、その”こと”を非難します。

    すなわち、
    自分が自分であること、その存在を大いに認め、
    その上で、
    その自分であるから本来の生き方をする責任にぶちあたる力強い質問なのです。

    その力強さにあなたは気づいていますか?


  • 連休にもかかわらず、ほとんど何もせずに終わってしまうというところで本棚から手に取ったこの本。
    少しはやる気を出さねばと読んでみた。

    一度読んでいるので内容の良さは知っていた。
    とはいうものの、感じるものはその時々で違うわけで、今回は感動するところが少なかったように思う。
    この本は、豊富な実例を元に、大切なことを見つける手伝いをするものだ。
    どうやら、気分の乗らないときには、ただの書籍で終わってしまうようだ。

    いい本には違いないのだが、私の期待していた効果を挙げることは出来なかった。
    やる気を高め続けるには、乱読が良いのかもしれないな。

全6件中 1 - 6件を表示

ハイラム・W.スミスの作品

ツイートする