思考力

著者 :
  • さくら舎
3.35
  • (8)
  • (18)
  • (25)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 234
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906732371

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知識一辺倒になるな。模倣ではなく想像的になれ。我が道をいけ。という主旨の本だった。

    ただ、話が抽象的で、また昔は良かった、とか今の日本は不味いとか少し上から目線なのがひっかかった。
    もう少し、思考力とはそもそもなんなのかと言う部分を突き詰めて考えたかった。

  • 図書館より。

    なんか全然ぴんとこなくて完読できず。
    良いことを書いてある気もするし私の頭が固いのかもしれないけど、私には響かなかった。

  • ■「考える」を考える
     知識には、答えはひとつしかない。だが、自分で考えることには、好きなだけ答えを出すことができる。だからあまり勉強しないほうが、おもしろいものができたりする。学校の成績がいいものは、グライダーのように、教科書や知識に引っ張られて飛んでいるだけである。世界に羽ばたくためには、飛行機のように、自前のエンジンで飛ばなければならない。しかし、日本の学校は飛行機を製造しないで、もっぱらグライダー操縦者の養成所になってしまっている。

     知識があれば、借用もできるし、利用もできる。考える必要がないから、いたってラクである。いま、日本の大学で「考える」ことを真剣に教えているところは、きわめてすくない。教えようとしても、「考える」こと自体がわからないというのだから、話にならない。

     思考とは、それはなにか、なぜそうなのか、という疑問をもって、それを自分の力で解こうとすることをいう。たとえば、二つのものがあって、どちらがすぐれているかを比較、判断するのが「考える」ことである。どちらかに決めたら、なぜそれがすぐれているかを論理的に説明できなければならない。

     それに対して、「思う」とは自発的ではなく、あくまで受身である。外からきた刺激に対して心理的に反応することであって、何か既に存在しているものを受けて、「思う」「感じる」のも同じことである。

     教養がある人は、いつも答えはひとつしかないと思っている。知識というのは、はじめからわかっていることだから、答えはひとつしかない。あるいは、それを知っているか知らないかのどちらかしかない。知っていれば、それで終わりである。
     
     自分で考えるときには、はじめは答えがない。かならずしもひとつの答えに到達するとはかぎらない。途中で失敗することもある。何回も考えているうちに、何気なく答えにたどりつくこともある。迷いつつ考えて、わからなくなり、また考えて、最後に偶然に出た答えが、発見や発明につながったりすることも珍しくはない。

     「犬も歩ければ棒に当たる」にしても、このごろは第三の意味があるという。歩いていると、当たるつもりがなくても、偶然、棒に当たってしまうこともある。つまり、一寸先のことはわからない。人生どこでなにがあるかわからない、と考えるのである。

     こういう答えを考え出すのは、知識ではない。思考は自由である。自分で考えた結果であるから、三通りや四通りの考え方や答えがあっても悪いことではない。

    ■頭の掃除
     頭の中の清掃にとてもっとも有効なのが、睡眠である。しかもこの清掃は全自動でやってくれるからありがたい。朝、目が覚めたときには、頭の中が整理整頓されてすっきりしているのである。目覚めてから起き上がるまでの時間が、ものを考えるうえでのベストタイムで、昔の中国人はこれを枕上の時間といった。頭の中のゴミ出しがすんで、きれいに清掃された状態なので、勉強するにはもっとも適した時間帯である。

    ■失敗という財産
     いまの家庭の教育力に、疑問を抱かざるをえない。いまの家庭が反省すべきことは、自分たちのやっていることが正しいと思う気持ちが、行き過ぎているところだろう。たとえば、こどもが泥んこになって遊んだりするのは、いいことであるのに、それを極端に嫌う。泥んこになると、それによってある種のばい菌には触れるけれど、そのことで免疫力がつくから、ちょっとしたことで病気になったりはしなくなる。
     いまの家庭は、いいことばかりをやろうとしている。それが、こどもにとって理想的な環境だと思っている。しかし、いいことばかりやっていると、悪いことに弱くなる。ある種の危険は、次の安全に向かっての大事な訓練である。危険を知ることなくして、安全であることは不可能である。

    ■マイナス経験
     親がかわいがるだけでは、こどもは強くならない。ある程度、悪い刺激の中で鍛える部分がないと、精神的な強さは育たない。ときに傷つけ合ったりする環境の中で育てば、たくましくなっていく。昔の人が「若いときの苦労は買ってでもせよ」と言ったのは、苦労という一種のマイナスの経験が人間の成長には必要だということを知っていたのである。いつもプラスの条件だけの環境では、強くなれない。

  • ■自分の頭で考える力
    知識を捨てて考える力を養う。考えた結果の答えはいくつもあってよい。

    ■頭を整理する力
    忘れることの重要性、スポーツの効用、散歩

    ■直感的思考力
    マイナス経験、堂々と負ける

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

思考力のその他の作品

思考力 Kindle版 思考力 外山滋比古

外山滋比古の作品

ツイートする