北海道 地図の中の廃線;旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅

著者 : 堀淳一
  • 亜璃西社 (2017年12月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :5
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906740307

作品紹介・あらすじ

「鉄道への郷愁と憧憬を伝えてやまない」――芦原伸(紀行作家、「旅と鉄道」統括編集長)

『地図の中の札幌』『北海道 地図の中の鉄路』に続く、珠玉の地図エッセイ三部作がついに完結! 道内旧国鉄の廃線直後に著者が歩いた、廃線跡歩きの記録がここに蘇る。
 レールの残照に慨嘆し、廃墟の風景ならではの寂寞感に身を震わせた日々を、のべ220枚の新旧地形図とともに追想した、卒寿の著者渾身の書き下ろし作品。
 さらに、各路線に駅名一覧を付し、駅名の由来も併記。復刻版「北海道鉄道地図」(昭和37年、札幌鉄道管理局)と特製リーフレット(書き下ろし自伝エッセイ、略年譜、著作目録収録)を特別付録にした、地図&鉄道&堀ファン垂涎の保存版!

北海道 地図の中の廃線;旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 堀淳一さんをご存知ですか? (亜璃西社 井上 哲) 版元日誌 | 版元ドットコム
    http://www.hanmoto.com/nisshi842

    亜璃西社のPR
    廃線歩きの元祖で知られる地図エッセイの名手、最後の書き下ろし作品

    『地図の中の札幌』『北海道 地図の中の鉄路』に続く、珠玉の地図エッセイ三部作がついに完結! 道内旧国鉄の廃線直後に著者が歩いた、全28線の廃線跡歩きの記録がここに蘇る。
    レールの残照に慨嘆し、廃墟の風景ならではの寂寞感に身を震わせた日々を、のべ220枚の新旧地形図とともに追想。刊行直前に急逝した91歳の著者、最後の書き下ろし遺作。
    さらに各路線に駅名一覧を付し、駅名の由来も併記。復刻版「北海道鉄道地図」(昭和37年、札幌鉄道管理局)と特製リーフレット(書き下ろし自伝エッセイ、略年譜、著作目録収録)を特別付録にした、地図&鉄道&堀ファン垂涎の保存版!
    http://www.alicesha.co.jp/books/0313/index.html

全1件中 1 - 1件を表示

堀淳一の作品

北海道 地図の中の廃線;旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅はこんな本です

北海道 地図の中の廃線;旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする