スマホで防災 家族も自分も守る! スマホで始める最新防災マニュアル

著者 :
  • ジャムハウス
3.27
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906768912

作品紹介・あらすじ

「スマホ」で命を守る、最新防災術!
iPhone/Android両対応で登場です。

地震・台風・豪雨など、さまざまな災害に対して、備えや対策を行うことはとても大切です。

実は、スマホ(スマートフォン)は、最強の防災ツールといえます。

・「緊急地震速報」を受信する
・近くの避難場所を検索する
・帰宅ルートを確認する
・家族や友人の安否情報を確認する

このようなことも、スマホがあれば可能です。
また、最近では官公庁や自治体もアプリで防災情報の発信を行うなど、スマホの利便性にあらためて注目が集まっています。

しかし、
・どうやって必要な情報を入手すればいい?
・デマに惑わされないためにはどうればいい?
・普段どのような情報をチェックしておけばいいのかわからない
など、スマホは身近なツールとはいえ、操作に不慣れで、うまく情報を入手できない人が多くいることも事実。

本書はスマホの基本操作をはじめ、手順に沿った画面を入れて、わかりやすく丁寧に解説しています。

自分や大切な人の命を守るために、家族皆さんで読んで、スマホを活用した防災テクニックを身に付けてください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • スマホで防災 家族も自分も守る!スマホで始める最新防災マニュアル
    著作者:宮下由多加
    発行者:ジャムハウス
    タイムライン
    http://booklog.jp/timeline/users/collabo39698
    facecollabo home Booklog
    https://facecollabo.jimdofree.com/
    スマホの基本操作をはじめ、手順に沿った画面を入れて分かりやすく丁寧に解説。

  • 大阪樟蔭女子大学図書館OPACへのリンク
    https://library.osaka-shoin.ac.jp/opac/volume/587938

  • 【蔵書検索詳細へのリンク】*所在・請求記号はこちらから確認できます
     https://opac.hama-med.ac.jp/opac/volume/468094


  • ハザードマップや防災速報のアプリ、災害用伝言板など、これだけは!という基本がしっかりおさえられている。
    プラスαとして防災に役立つ情報が載っているサイトの案内もされていて、まず始めに読むには情報も多すぎずちょうど良さそう。
    スマホに慣れていない人、というかごく一部の機能以外ほぼ使い方を知らない人向けの手引きも丁寧にされていたので、スマホやアプリの登録に苦手意識がある層にもやさしい。

    いざという時のストレスを少しでも減らすために、近いうちに災害用伝言板の体験版を利用しておこうと思う。そうしないと「本当にこれで良いのかな???」と思いながら利用する羽目になりそうなので

  • 内容は少ないが、ツイッターでリストに入れておいたらいいものや、防災速報などの使い方も詳しく解説されています。

    LINEは国内サーバーに移すといいながらぐだぐだそのままだったりと不誠実でセキュリティ的に不安があります。

    telegramやsigalなど違うものも載ってたらいいなと思います。家族がiPhoneユーザーのみならiMessageなども。

    詳しい人ならあまり必要ないかもしれない内容かもしれないけど、一読する価値ありだと思います。

  • スマホ世代なので、LINEやTwitterに関するページはほぼ読み飛ばしで読めた。キャリア携帯ではないので災害通知のアプリや、緊急時の電話、無線LAN、医療情報の登録など知れてよかった内容も多かった。

  • ふむ

  • 8月11日新着図書
    【帰宅ルートの確認、災害支援の要請、医療情報の表示などなど知っておくと便利なスマホを使った防災テクニックをわかりやすく丁寧に紹介します。】
    タイトル : スマホで防災 : 家族も自分も守る!スマホで始める最新防災マニュアル
    請求記号 ブラウジングコーナー
    https://mylibrary.toho-u.ac.jp/webopac/BB28185789

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

ITライター、エディター。出版社勤務を経て、2000年よりITライターとして独立。
これまでパソコン、スマホ関連の雑誌、書籍を中心に200冊以上の執筆・編集に関わる。2019年の「令和元年東日本台風」に直面し、防災ツールとしてのスマホの役割に感銘を受ける。現在は“スマホ防災”のイロハを広めるべく、日々活動中。

「2021年 『スマホで防災』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下由多加の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×