3・11以後 この絶望の国で: 死者の語りの地平から

  • ぷねうま舎
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906791255

作品紹介・あらすじ

■ 東日本大震災があらわにしたものは、私たちの日常を支える基盤であり、 
 当たり前の世界の根であった。いまこそ、世界の構造と、それをつくり上げ
 てきた歴史とが、その根源から問われなければならない。

■ 被災地に生きる批判的宗教学者と、グローバリズム(世界化)を問い続け
 る思想家との対論──死とは何か、社会は死とどのように向き合ってきたの
 か、「近代」は何を切り捨てることで果てしない進歩と豊かさの幻想を生んで
 きたのか、そして宗教はそこでどのような役割を担ってきたのか。

■ 破局を生きざるをえない被災者に寄り添って、私たちに何ができるのだろ
 う。そして、「破滅のシナリオ」がリアリティを増すこの時代に、生き延びる
 ためのアイデアを、どこに探せばよいのだろうか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生きられなかった人達の無念を晴らし、生き残った人達の諦念を取り除かねば、、、

    ぷねうま舎のPR
    http://www.pneumasha.com/2014/01/17/3-11以後-この絶望の国で-新しい死の物語のために/

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1932年生まれ。宗教人類学者。東北大学文学部宗教学科大学院博士課程中退。宮城学院女子大学名誉教授。『砂漠の修道院』で日本エッセイストクラブ賞受賞。『聖書の起源』(筑摩書房)、『聖書物語』(岩波書店)等、著書多数。

山形孝夫の作品

ツイートする