明日はどんな日? 星占いを"使う"本 (マイカレンダーの本)

著者 :
  • 説話社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906828685

作品紹介・あらすじ

明日はどんな日?
この1冊で・日々変わる自分の本心、人間関係、恋、魅力、期待されること、争い・その年の、仕事の発展、幸せ、試練、コンプレックス、傷の癒やし方・時代ごとにテーマが変わる、あなたの改革、熱狂、闇など…… 全19ジャンルの運勢を組み合わせて、あなただけの「明日」を分析→対策。366日を「いい日」にする! 星占いを使って、366日を「いい日」にする! これまでの占星術の本とは一線を画す、“使う"ことに特化した本です。この本を“使って"、明日や特別な日、日々の流れを把握して、対策を立てたり、効率よく動いたり、毎日を意味のある日に。 366日をいい日にする。今日からあなたは、あなた専属の占い師に——。
特徴1 自分の星座(太陽星座)+この本だけで、2030年まで、あなただけの毎日を、“自分で"占える!
特徴2 本心、人間関係、得意分野、恋、魅力、期待、試練など…… 星の位置で毎日変わる、全19ジャンルの運勢がわかる!

著者プロフィール

占星術研究家・翻訳家。
1968年京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。
英国占星術協会会員。京都文教大学・平安女学院大学客員教授。
著書に『占星術の文化誌』(原書房)、『鏡リュウジの入門シリーズ』、『占いはなぜ当たるのですか』(説話社)ほか多数。

「2021年 『明日はどんな日?星占いを"使う"本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鏡リュウジの作品

ツイートする
×