月の名前

著者 :
制作 : 佐藤秀明 
  • デコ
3.80
  • (10)
  • (8)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 151
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906905003

作品紹介・あらすじ

美しい月の写真と、美しい日本の詩歌を織りまぜてつづる、月の名前400語。辞典では味わえない奥深さ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 残念!昨日が満月だった筈。。。チョッと乙に澄まして、お月見でもしたいですね。。。

    デコのPR
    「累計11万部のロングセラーシリーズ
    『風の名前』『雨の名前』『花の名前』(小学館刊)に続く待望の第4集!

    わたしたち日本人の豊かな感性は、多くの“月”の名称を作りました。
    立待月、有明月、十三夜、月の船、花残月、月天心、二十六夜待……

    詩人・高橋順子の精緻で繊細な感性で綴った“月の名前”400語と、
    佐藤秀明のどこか懐かしくてあたたかい写真150点で織り成す、
    毎日、月を眺めたくなる本。

    そのほか
    高橋順子の月にまつわる詩とエッセイ20篇、月に思いをはせて尽きることなく詠まれた歌と句 107首、50年分の中秋の名月の日付早見表”と“秋の月・新暦早見表”も収録!

    街を照らす月は、人びとを見守っているように見えるし、
    野山の上の月は、孤独に耐えよ、とさとしてくれる。
    海の上の満月は夢のようだ。 ――――― 本文より」

  • 月の名前のほかに、月を題材にした俳句や和歌、著者による詩とエッセイ、美しい写真が散りばめられた本。

    特に印象深かったのは、「有明月」。
    国語の授業で習った和歌では、決まり文句のように頻出する上、恋人への恨みがましさや別れの切なさが歌われるので、うんざりしていた。
    しかし今改めて解説を読むと、心に沁みる。異名の数をとっても群を抜いており、古代の人が特別な想いを託してきた言葉だとわかる。
    月の名前は、月そのものの美しさや季節の風物詩から名付けられたものが多いようだが、「有明月」は、月の姿よりも人の心情の方に思いが至る。

    ちなみに、2017年の中秋の名月は、10月4日(水)とのこと。

  •  
    ── 高橋 順子/佐藤 秀明・写真《月の名前 20120928 デコ》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4906905005
     
    (20140326)
     

  • 満月とか三日月とかはよく使っていますが、十六夜、立待月、居待月、臥待月、月は名前を変え、人々に愛されてきたことがよくわかります。
    月にまつわる話、エッセイ、そして、句や短歌など、とても楽しめます

  • こんなにも月の表現があるのかと気づかせてくれる1冊。改めて表現力の希薄さを痛感した。素敵な写真とあわせ、月の魅力をたっぷりと味わえる本でした。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1944年千葉県海上郡飯岡町(現・旭市)生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒。詩人、「歴程」同人。夫は作家の車谷長吉。1987年『花まいらせず』で現代詩女流賞、1990年『幸福な葉っぱ』で現代詩花椿賞、1997年『時の雨』で読売文学賞、2000年『貧乏な椅子』で丸山豊賞。著書に『水のなまえ』(白水社)など。

「2018年 『星のなまえ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋順子の作品

月の名前を本棚に登録しているひと

ツイートする