大杉栄伝: 永遠のアナキズム

著者 :
  • 夜光社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906944033

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こどもかっ!とツッコミを入れたくなるぐらい自由闊達・天真爛漫な大杉の精神が、ひかりのとどかない時代のまな底をぴしゃりと打つ。その毒牙にかかったひとりの青年(著者)が、今世、目盲となった一群にキッパリ背を向けて、膝を折りながら、その思想を背におぶっていく姿は痛ましくも勇ましい。この本は、心の住処を露に、頭から水をかぶったような著者が、みずからの行く先を告げる宣誓の書なのである。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1979年生まれ。著書に『大杉栄伝 永遠のアナキズム』『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』『働かないでたらふく食べたい』など。

「2019年 『死してなお踊れ 一遍上人伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗原康の作品

大杉栄伝: 永遠のアナキズムを本棚に登録しているひと

ツイートする