東京のちいさな美術館めぐり

著者 :
  • ジービー
4.04
  • (8)
  • (10)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 164
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906993185

作品紹介・あらすじ

これまでのガイド書や雑誌では紹介しきれなかった東京近郊(関東近辺)の個性的な美術館ばかりを掲載。掲載美術館数はこだわりの102館。各美術館のミュージアムショップやグッズ紹介のみならず隣接のカフェなどのプラスαの情報も豊富な写真とともに紹介。もちろん地図などのアクセスデータも全美術館掲載しています。全ページオールカラー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 結構便利なところにこんな美術館があったんだ!と嬉しい気持ちになった。
    都内住まいではないけれど、何とか時間的にも金銭的にも都内には出られる環境。この環境を生かさない手はないだろう。めんどくさがらないで、目が見えるうち、足腰が動くうちに行っておきたいところがいっぱい見つかった。

  • 以下、本書を読んで行ってみたくなったところを列挙
    上野・谷中→横山大観記念館、旧岩崎邸庭園、スカイ・ザ・バスハウス、ハギソウ
    銀座・丸の内→資生堂ギャラリー、リクシル・ギャラリー、ギンザ・グラフィック・ギャラリー
    原宿・表参道エリア→秋山庄太郎写真美術館、根津美術館、太田記念美術館、ワタリウム美術館
    渋谷・恵比寿エリア→山種美術館、ナディッフアパート、郷さくら美術館、デッサンdessin
    品川・目黒・白金エリア→松岡美術館、東京都庭園美術館、畠山美術館、白金アートコンプレックス
    六本木エリア→泉屋博古館分館、21_21デザインサイト、TOTOギャラリー・間
    池袋・目白・駒込・落合エリア→林芙美子記念館、講談社野間記念館
    新宿・練馬エリア→東京おもちゃ美術館、東京オペラシティアートギャラリー
    東京23区内エリアその他→南洋堂書店、日本民藝館、大田区立龍子記念館、五島美術館、smokebooks
    東京23区外エリア→深沢小さな美術館、三鷹市星と森と絵本の家、玉堂美術館、青梅きもの博物館
    神奈川県エリア→バンカート・スタジオ・NYK、象の鼻テラス、横浜山手西洋館
    千葉・埼玉・栃木エリア→松山庭園美術館、河鍋暁斎記念美術館

    再訪したくなったところ→3331アーツ千代田、出光美術館、永青文庫

  • 借りたもの。
    東京都内で行ける、“小さな”美術館を中心に集めた一冊。
    大手美術館、企画展ばかりに目が行きがちだが、小さくてちょっと立ち寄れる常設展の小さな美術館にも味がある。
    私設のコレクションによるものだったり、企業の文化事業の一環、区立美術館も意外と侮れない。
    ミュージアムショップのおみやげも掲載され、「行きたくなる」と刺激される。
    普段行く場所の近く、ちょっと足を延ばせば行かれる至福の時間を過ごせる場所。芸術の秋にぴったり。

  • 東京に住んでいてもこんなにステキな美術館がたくさんなんて知らなかった!無料の美術館も多くていい!
    細かく見どころが載っていました。
    春休みこれを見ていろいろ行こう^_^
    一般料金だけしか入館料がかかれていないのが少し不便。全体的にはとても参考になる本だと思った!
    大学の図書館で借りた。

  • 2017 10/5

  • ◆きっかけ
    「美術館」でググってAmazonでチェックして。2017/6/11

  • 行ってみたい美術館がたくさんあった。
    入館無料なところも意外と多い。

  • スカイザバスハウス
    東京がステーションギャラリー
    三菱一号館美術館
    根津美術館
    スパイラルガーデン
    21-21デザインサイト
    東京文庫ミュージアム

  • 行ってみたいところ。
    水天宮前駅のミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション ヤマサの倉庫だったという建物や、銅版体験をやってみたい。
    清澄白河駅の深川江戸資料館 江戸風情の町並みを体験できるのが面白そう。
    東尾久三丁目駅のぬりえ美術館 昭和でレトロな絵が癒されそう。
    本所吾妻橋駅のちいさな硝子の本の美術館 体験やペーパーウエイトなどの小物も気になる。
    葛西駅の関口美術館 鴉の彫刻と建物が気になる。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

美術館はおまかせ。美術館訪問が日課の美術ライター。Webや雑誌など、幅広いメディアで活躍中。
著書に「東京のちいさな美術館めぐり」「京都のちいさな美術館めぐり」(いずれも弊社刊)

「2018年 『企画展だけじゃもったいない 日本の美術館めぐり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浦島茂世の作品

東京のちいさな美術館めぐりを本棚に登録しているひと

ツイートする
×