全訳 アティシャ 菩提道灯論

著者 :
  • 起心書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907022082

作品紹介・あらすじ

部派仏教の戒律、大乗の智慧と慈悲、密教の速やかに悟りに至る道。本書は、この三つの教えを「一人の人間が順に歩むべき道」として統合し、インド仏教の展開を集大成すると共に、今日に至るチベット仏教「道次第(ラムリム)」の伝統の出発点となった、歴史的名著である。アティシャの本偈と自注に加えて、パンチェン・ラマ1世などのチベットを代表する注釈と科文を付す。

著者プロフィール

1962年、山梨県に生まれる。立正大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。ハンブルク大学インド・チベット歴史文化研究所客員研究員を経て、現在、身延山大学仏教学部教授。著書に『チベットにおけるラムリム思想の基盤に関する研究』『TĀRANĀTHAのDBU MA THEG MCHOG研究』(いずれも身延山大学)、アティシャに関する論文多数。

「2015年 『全訳 アティシャ 菩提道灯論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

望月海慧の作品

全訳 アティシャ 菩提道灯論を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×