くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話 (シリーズ3/4)

  • タバブックス
3.95
  • (19)
  • (26)
  • (10)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 272
感想 : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907053406

作品紹介・あらすじ

通いやすい銀行にお金を預けて、手に入りやすい物ばかりを買って、そんな暮らしを続けた結果くそつまらない街が延々と広がってしまった。悔しいけど、この街を作ったのは俺たち自身だ。
この本は、バンドマンであり個人投資家でもある自分の視点から見えた等身大の社会と経済、お金に関することを書いている。よりよく、より楽しく生きていくために、お金との付き合い方をいちから考え直した。目の前にはくそつまらない未来が浮かんで見えるけど、くそ笑える未来だって全く見えないわけじゃない。

投資家であり、パンクスでもある筆者の視点で見る投資や経済、社会とお金。今自分がいる場所から見える社会問題や将来の不安と戦いながら楽しく生きていくための冒険の書

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・野菜を買うときや包丁や鍋を買うときも、借りる家だってお金の向かう先を意識する。これは投資のスタート地点で、ゴールでもあると思う。

    ・未来がどうなっていたら嬉しいかを考えて、資産運用が未来の役に立つと思えるなら、デカいリターンになる。いい未来を作るためには、俺たちひとりひとりがいい投資家となることが手っ取り早い。

    ・減速主義のスローライフではなくて、「投資家パンクス」という新しいサブカルチャーの提案

    ・勇者の目的はみんなが平和に暮らすことであって、魔王を倒すことでは無い。倒さなくてもいいなら倒さなくていいわけで、別々のところで暮らすとか、説得するとか、いろんな選択肢もある。

    ・特別な影響力や発言力を持たない自分が、好きな企業を応援していくには、株式投資のシステムを使わざるを得ない。

    ・最近の趣味は文章や料理など「消費的」なものが少なくてあんまりお金はかからない。かかったとしても「何かを作ること」につながっていて、むしろリターンが出ることのほうが多い。

    ・自分に必要なものをひとつひとつ考えて、長時間キープできる暮らしをしていけば、それ以上のお金はあってもいいし、なくてもいいと考えている。

    ・投資をしていると、お金が増えることもあるし、減ることもある。そもそもの目的がお金を増やすことじゃなくて、俺の余ったエネルギーを社会に参加させることなので、お金の増減はそこまで気にならない。

    ・社会というのはみんなが思った未来に向かってしまう。だとすると、俺たちが明るい気持ちで生きること自体が、クソつまらない未来を変えていく力になる可能性もある。

  • 具体的な手法ではなくて、作者のお金に対する考え方がかかれている。

    適度な分量で、ゆるい語り口の中に作者の思想の芯が見えてちょうどよかった

  • 儲かるお金の話というよりは、お金に対する考え方が書かれていました。
    限られたお金をどこに使うかもっと考えていこうと思いました_φ(・_・

    2021-8-13 ☆4.5

  • 話し言葉で書いてあるので、投資にとっかかるには読みやすいけど、投資のことにはあまり突っ込んでない

  • もっと投資に関して突っ込んだ話があると思ってたから少し残念。自分の未来を明るくするためにどういうスタンスで生きていくべきか、根本的な考え方を示してる感じ。大学生までに読んでたら印象は違ったかも。2021.1.20

  • 投資のテクニックなどの本ではなく、著者の「自分はこう考えている!」が書かれている内容。なるほど、こういう考え方もあるよね〜とさらっと読める。若い時に読みたかったなぁ。

  • 吉祥寺の本屋で見つけてKindleで買った本。投資のテクニック的なことが書いてあるわけではないし、この人はまだ32歳くらいで、仕事も辞めて、福岡に引っ越して、文筆家、ウェブメディアの管理、パンクバンドをやってる人なんだが、俺なんかよりよっぽど、生活を楽しんでいる。世の中でいかに自分が、正しいことではなくやりたいことをやっていくか、そのための行動力のエネルギーの一つとして投資という方法もあるよと言っている本だった。
    まぁ、今の自分が選んだ色々なことがあって、すぐにこの人と同じように真似することは無理だろうけれど、気持ちをこの本に書いてあるように持つことはできるんじゃないかと思ってる。
    この先を楽しみにしたいよな。

  • ちくま新書の「会社の値段」と同時期に読了。社会参画としての投資をあちらがM&Aマンの視座から、こちらはDIYパンクの目線で、同じ焦点に向けて進んでいく。

  • TwitterやサバイブっていうサイトでのファンだったヤマザキOKコンピュータ氏著。( @Okcpu )

    この本に書いてあるように、応援(投資)の意味で買ったけど、結論、面白かった。

    Do it your self (自分でやる)
    Anyone can do it (誰でもできる)
    の精神で自分の人生、楽しんで生きて行こう、
    そのために考え方を変えて、少し行動変えてみたら?っていう本。

    第5章の「俺たちが未来のためにやれること」
    なんかは、定期的に読み直したい。

    ひふみ投信の藤野さんの「投資家として生きる」にも近い内容かと。
    とりあえず僕はこんな考えしてるよ、と奥様にも読んでもらおうかと。

  • イベントで見かけて手に取る。
    なかなかエッジが効いてて面白い。

    著者のことは知らないが、
    確かにパンク的な、自分がどう生きるか、自分で工夫するという感覚を「投資」というところ、または著者の生き方、考え方には共通点があるように感じた。

    購買行動、自分の生活において何を食べて買うか、何を買わないかは確かにそのとおりで、いい会社なども幻想ではない。今では長期投資でもそうだし、そういう会社を評価するという視点はマイナーではなくなってきている。

    著者のスタンスが良いと思っていて、金持ちを否定するわけではないし、貧乏人を批判するわけでもない。投資を絶賛するわけでもない。そのうえで、自分はこう考えた、だからそうしろ、というのでなく、このように考えてみてはどうかという提案があると感じる。

    一つはお金とか投資の知識は持っていないとコントロールしづらいということ。もう1つはそういう自分のエネルギーもやはり前者と同様で、社会の仕組みを知るということが求められるということ。

    パンクを持ち出さなくても、誰かが、勝手に、自分にとって良い社会を作るというのはまずない。確率的にありえないといってもいい。不正や違法などは完全に消えないし、紛争や戦争も全然消えてない。ではそこで嘆き悲しみ終われば、それこそがおそらく「カクサ」「オセン」という2つの竜(と著書は表現しているが)にとって都合が良いだけだ。まあ、たしかにその通りだろう。

    それは選挙に行くでもいいし、好きな人、好きな店、応援したいものを買うでもいい。自分が行動することが、社会が劇的に変化するなんて言わないが、とはいえそういう行動の蓄積こそが、結局は社会を希望の方向に変えると説く。

    まさにそのとおりだと思う。
    著者の自分なりの実践や思考を研ぎ澄ましていき、無理のない等身大の物言いが結構心地よく楽しめた。

全30件中 1 - 10件を表示
ツイートする
×