くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話 (シリーズ3/4)

  • タバブックス
4.19
  • (7)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907053406

作品紹介・あらすじ

通いやすい銀行にお金を預けて、手に入りやすい物ばかりを買って、そんな暮らしを続けた結果くそつまらない街が延々と広がってしまった。悔しいけど、この街を作ったのは俺たち自身だ。
この本は、バンドマンであり個人投資家でもある自分の視点から見えた等身大の社会と経済、お金に関することを書いている。よりよく、より楽しく生きていくために、お金との付き合い方をいちから考え直した。目の前にはくそつまらない未来が浮かんで見えるけど、くそ笑える未来だって全く見えないわけじゃない。

投資家であり、パンクスでもある筆者の視点で見る投資や経済、社会とお金。今自分がいる場所から見える社会問題や将来の不安と戦いながら楽しく生きていくための冒険の書

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちくま新書の「会社の値段」と同時期に読了。社会参画としての投資をあちらがM&Aマンの視座から、こちらはDIYパンクの目線で、同じ焦点に向けて進んでいく。

  • 銀行預金はハイパーインフレが来たら詰む。

  • こういった知恵を得ることは自由を得ることに近いと思う

  • [お金は錆びない朽ちない腐らない]という項にはっとした。確かに。お金は異様でしかない。
    投資はギャンブルではなく、より楽しく生きるための手段であるようだ。好きな店で野菜を買い、酒を買う。もうすでに投資は始まっている。

  • カッコいい。そして、僕も投資始めようと思った。また読みたい。

  • TwitterやサバイブっていうサイトでのファンだったヤマザキOKコンピュータ氏著。( @Okcpu )

    この本に書いてあるように、応援(投資)の意味で買ったけど、結論、面白かった。

    Do it your self (自分でやる)
    Anyone can do it (誰でもできる)
    の精神で自分の人生、楽しんで生きて行こう、
    そのために考え方を変えて、少し行動変えてみたら?っていう本。

    第5章の「俺たちが未来のためにやれること」
    なんかは、定期的に読み直したい。

    ひふみ投信の藤野さんの「投資家として生きる」にも近い内容かと。
    とりあえず僕はこんな考えしてるよ、と奥様にも読んでもらおうかと。

全7件中 1 - 7件を表示

くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話 (シリーズ3/4)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×