ファーストクラスに乗る人のノート―毎日が楽しくなるノートの72の書き方

著者 :
  • きずな出版
2.80
  • (2)
  • (9)
  • (23)
  • (11)
  • (6)
本棚登録 : 204
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907072087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 荳ュ隹キ蜈育函縺ョ繝輔ぃ繝シ繧ケ繝医け繝ゥ繧ケ縺ォ荵励k莠コ?医き繝肴戟縺」縺ヲ縺?k莠コ縺」縺ヲ縺薙→?滂シ峨す繝ェ繝シ繧コ縺ョ荳?蜀翫?
    繝サ繝サ繝サ縺ァ繧ゅ?√う繝槭う繝√>縺、縺ョ繧ゆクュ隹キ蜈育函縺ョ譛ャ縺ィ驕輔▲縺ヲ縺ゅk遞ョ縺ョ繧ュ繝ャ縺檎┌縺?s縺?繧医?縲
    縺昴?荳ュ縺ァ繧る擇逋ス縺九▲縺溘?縺ッ縲√?後ヮ繝シ繝医?騾?螻医↑譎る俣繧呈舞縺」縺ヲ縺上l繧九?ゅ?阪?後ヮ繝シ繝医@縺ヲ縺?k縺ィ縲∽サ悶?縺薙→繧偵@縺ヲ縺?※繧ゅ?√ヰ繝ャ縺ェ縺??ゅ?阪→縺?≧繧ゅ?縲ゆシ夊ュー荳ュ縺ォ莨∫判縺ョ蜀??縺」縺ヲ縺ョ縺ッ蜒輔b濶ッ縺上d縺」縺溘%縺ィ縺後≠繧九?縺ァ縲∝?縺九k縺ュ縺薙l縲ゅ□縺」縺ヲ縲∽シ夊ュー縺ェ繧薙※螟ァ驛ィ蛻?′縺ゥ縺?〒繧ゅ>縺?%縺ィ縺ョ諢乗?晉「コ隱阪?蝣エ?医♀蜑阪i蛻?°縺」縺ヲ縺?k繧医↑?溘∩縺溘>縺ェ?峨□縺九i縺ュ縲

  • いくつか参考になることはあった。ただし、エッセイやつぶやきのような文体で、ビジネス書とは異なる印象。
    人に見せない前提で、何でも書いてしまおう、というのはその通りだとおもった。

    あと、タイトルのファーストクラスに乗る人の、、、というのは著者の中谷氏自身がファーストクラスに乗っているということなのか、と想像。
    最近のビジネス書は、タイトルのつけ方が何ともくだらない。

  • 人に勧めるほどではないが、割と面白かった。つまり、「大きなノートにどんどん何でも書け。くだらないことほど書け。」という内容だが、細かいところが面白い。以前読んだノート術の本と通じるところもあった。実践してみよう!

  • 大切なことは、とにかく書くべし。

  • 本書を読んで一番印象に残ったところを引用します。

    ・「頭の回転の速さ」と「書く速さ」は連動しています。

    ・書くのを速くすると頭の回転も速くなる。

    だから

    ・速く書く練習をしたほうがいいのです。

  • 余白【新しい運を入れる空間を多くしておく】

  • 【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1章 できる人はノートをとるのが速い。/第2章 心のブロックをはずす。/第3章 アイデアの種が尽きない書き方。/第4章 自分のオリジナルをつくろう。/第5章 書きやすさ、見やすさを工夫する。/第6章 成果が上がる人のノートはココが違う。/第7章 ノートから行動を起こそう。

  • 自己啓発本(笑)が流行ったのもこの方が第一線で活躍されていたから。
    というので、この著者の本を読んでこなかったのですが、初めて手に取りました。
    (ちょうどノートに関する本を色々読んでいたため)

    なるほどこの本が濃いかどうかはともかくとして、
    これだけ多作なのもいわゆるノートのおかげとも言えそうである。

    パラパラ読んで、なるほど!これは取り込みたい!というのを拾っていく読み方がよいと思います。


    特に気に入ったのは以下の通りです。

    02書くのを早くすると頭の回転も速くなる。聞いて書く、思いついて書くという二つの作業を並行してすると、結果として頭の回転が速くなり、メンタルが強くなる
    (ちょっと前に流行った、ゼロ秒思考に通じるか?)

    68,09名詞で書くとアクションが止まる(必ず動詞で終わらせる)


    ファーストクラスの〜のネーミングは、ネタだと思ってますのであまり突っ込む気にもならず。

  • 文章からイメージがうかび上がると 行動できそうだ
    文章は短く読みやすい
    とにかくやることが大切

  • ノートは自分のテーマパークであり、宇宙。
    今、役に立たないことをノートすることで活かせるハンスがめえぐってくる。いつ役立つかわからないことをノートに書いておくと、人生が面白く転がる。可能性が広がることを引き寄せる。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。【中谷塾】を主宰。セミナー、ワークショップ、オンライン講座の活動を行う。

「2022年 『中谷彰宏の子育てワクワク作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中谷彰宏の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×