9時を過ぎたらタクシーで帰ろう。―一流の人だけが知っている「逆説」の思考法

著者 :
  • きずな出版
3.36
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907072926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ぼーっと過ぎていきそうな日々の生活ですが、いつでもチャンスを探し、野心を持ち、生産性を高める工夫をしていく。そんなことの大切さを感じることができました。

  • 特記すべき事項なし。

     楽をするというのであれば、如何に始発乗車にするか。帰宅なら時間を要しても各停で充分と見切る。◇移動時にできる仕事に価値があると思っているようだが、大したことはできない。隙間時間にできるレベルのことしかできない。

     人間関係性のところだけはそれなりの話があり、例えば、アナウンス役(情報のハブ役という意味?)になれるかが大切といった点がこれに相当。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

フリーランス成功実現アドバイザー兼コピープロデューサー。言葉のチカラを駆使し、ライティングサポート、集客サポート、販売力増強サポートなどを次々と手がける。2001年の独立起業以来、1000人以上の起業、副業を支援。中小企業、個人事業主の“独自化ブランディング”に絶大な手腕を発揮し、言葉のチカラを駆使した集客の仕組み作りに定評がある。近年はサラリーマンが会社にいながら「副業」で成功する手ほどきも教えていて好評を博す。
著書に『「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本』『「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本』(以上、KADOKAWA)などがある。特に2012年5月に刊行した『フリーで働く!と決めたら読む本』(日本経済聞出版社)は発売直後から増刷を重ねて「フリーで働くブーム」を牽引した。

「2020年 『50代から自分を生かす 頭のいい副業術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中山マコトの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×