ゲンロン2 慰霊の空間

制作 : 東浩紀  筒井康隆  中沢新一  カオス*ラウンジ  新津保建秀  津田大介  藤村龍至  渡邉英徳  黒瀬陽平  五十嵐太郎  ボリス・グロイス  市川真人  大澤聡  福嶋亮大  さやわか  千葉雅也  クレイグ・オーウェンス  速水健朗  井出明  海猫沢めろん 
  • 株式会社ゲンロン
3.82
  • (2)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907188153

作品紹介・あらすじ

【特集:慰霊の空間】
特集の中心をなすのは、津田大介らが参加した、2016年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展日本館のコンペ展示案。挑戦的なプランを2色刷りで完全再現。
中沢新一へのインタビュー、五十嵐太郎・黒瀬陽平とともに災害と慰霊を再検討する鼎談など、多様な側面からこの国における慰霊のありように迫る。

【小特集:現代日本の批評Ⅱ】
巻頭には最後の長篇こと『モナドの領域』を発表した筒井康隆を迎え、その戦争観、歴史観、文学観を、東浩紀が独自の視点で問う。
話題のシリーズ「現代日本の批評」は平成に突入。90年代を一挙に概観する。

【哲学・美学から創作まで】
ほかメイヤスー『有限性の後で』の刊行に合わせた、千葉雅也と東浩紀の対談を収録。
オーウェンスの翻訳第2回、黒瀬陽平、速水健朗、井出明の連載評論、海猫沢めろんの連載小説、国際色豊かなコラムなど、前号比50頁増の特大号!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • barrack配架

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784907188153

  • 現代日本の批評Ⅱが大変面白かった。自分が大きく影響された人達についての事が多かったが故に。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門、第71回毎日出版文化賞受賞作。

ゲンロン2 慰霊の空間を本棚に登録しているひと

ツイートする
×