ゲンロン7 ロシア現代思想II

著者 :
制作 : 國分 功一郎  千葉 雅也  許煜  佐藤 大  さやわか  イリヤ・カリーニン  アレクサンドル・エトキント  乗松 亨平  平松 潤奈  松下 隆志  八木 君人  上田 洋子  マルレーヌ・ラリュエル  畠山 宗明  仲山 ひふみ  山下 研  プラープダー・ユン  福冨 渉  黒瀬 陽平  速水 健朗  辻田 真佐憲  市川 真人  安天  海猫沢 めろん 
  • 株式会社ゲンロン
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907188245

作品紹介・あらすじ

ロシア思想という「鏡」を使い、日本の読者と日本自身のあいだに「距離」を挟みこむ——東浩紀(巻頭言より)

第二次大戦、共産主義崩壊後、日本同様の後発近代化国家として「敗北」を経験し、歴史の位置付けを含む多くの共通する問題を抱える大国ロシア。プーチン体制下での「記憶」の政治学から、デモ、愛国主義、知識人たちの動向まで、革命100周年に「もうひとつの現代思想」をダイナミックに描き出す大型特集第2弾。重要論文の翻訳ほか、付録にポストソ連思想史関連年表も収録!

小特集は哲学の再起動。國分功一郎・千葉雅也・東浩紀が鼎談で語る現代思想の新たな可能性。東アジア思想の精鋭・許煜(ホイ・ユク)の本邦初訳を併せ掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分の地理的歴史的知識の薄さに気付かされる厚みを感じた。やはり世界史の内容がある程度有ることは読書の助けとなる。

  • 東浩紀、國分功一郎、千葉雅也の対談が、着眼点の違いがわかっておもしろい。デリダの境界・郵便的誤配・脱構築、ガタリを除いた伝統的哲学としてのドゥルーズ読解、ドゥルーズガタリのポストモダン的主体。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(河出書房新社)、『ゲンロン戦記』(中公新書ラクレ)ほか多数。

「2021年 『ゲンロン12』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東浩紀の作品

ツイートする
×