新プロパガンダ論 (ゲンロン叢書)

  • 株式会社ゲンロン
3.80
  • (4)
  • (9)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 124
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907188405

作品紹介・あらすじ

政治の戦場はいまや噓と宣伝のなかにある
気鋭の近現代史家と社会学者によるまったく新しい安部長期政権分析!

近現代史研究者の辻田真佐憲さんと社会学者の西田亮介さんと連続対談を収録。
七年八ヵ月のあいだ継続し、憲政史上最長となった第二次安倍政権。
政治とメディアの力学を塗り替え、右派と左派を「アベ」と「反アベ」に再編したその情報戦略は、はたして「プロパガンダ」と呼べるのか?
立場を異にするふたりの研究者が徹底的に語り合います。
SNSの政治化、令和への改元、そしてコロナ禍を通して見えた、日本政治の普遍的な課題とは。
イメージが政治を支配する時代の「ワクチン」として、現代史を再検討します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020I092 312.1/Ni
    配架場所:A2

  • 闇自己と比較して(闇自己と比較すな)自分の関心領域に近くて入ってきやすかった、国威を発揚していきましょう

  • 読了。大切なのは情報(宣伝)に触れたときにそれを読み取る(疑う)意識を持つことだと改めて認識。当たり前のようで非常に難しい。忌避するのでは無く判断できる素地を作ることが大切。対談なのでとても読みやすい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

辻田真佐憲(つじた・まさのり)
1984年大阪府生まれ。文筆家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科中退。
2011年より執筆活動を開始し、現在、政治・戦争と文化芸術の関わりを研究テーマとしている。著書に『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』、『ふしぎな君が代』『大本営発表』『天皇のお言葉 明治・大正・昭和・平成』(以上、幻冬舎新書)、『空気の検閲~大日本帝国の表現規制~』(光文社新書)『愛国とレコード 幻の大名古屋軍歌とアサヒ蓄音器商会』(えにし書房)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)などがある。歴史資料の復刻にも取り組んでおり、監修CDに『日本の軍歌アーカイブス』(ビクターエンタテインメント)、『出征兵士を送る歌 これが軍歌だ!』(キングレコード)、『日本の軍歌・軍国歌謡全集』(ぐらもくらぶ)、『古関裕而の昭和史 国民を背負った作曲家』 (文春新書) などがある。

「2021年 『新プロパガンダ論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻田真佐憲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
東 浩紀
東 浩紀
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×