足摺り水族館

著者 :
制作 : 1月と7月 
  • 1月と7月
4.10
  • (50)
  • (44)
  • (24)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 539
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907259020

作品紹介・あらすじ

・単行本「足摺り水族館」のあらまし
単行本「足摺り水族館」は、2010年と2011年にそれぞれ私家版として発行された「足摺り水族館」及び「ASOVACE」という本をもとに、一般流通向けに再編集したものです。「ASOVACE」はpanpanyaがそれまでに描いた短編漫画作品を一冊に纏めたもので、総ページ数300ページ以上を藁半紙にコピー、和綴じで自家製本されています。また私家版「足摺り水族館」は「一冊の本をして水族館感を体現させる」というコンセプトのもと制作され、これもひとつひとつ表紙を特殊加工し、手作りしています。
今回作品を纏め直すにあたり、他の漫画短編作品と性格の異なる「足摺り水族館」をどう扱い、作品集に統合するかという点で特に難儀しました。最終的に「足摺り水族館」を核とし、その一冊の作品の中に各短編を織り込むという考え方でpanpanya自ら設計編集することで「足摺り水族館」の意趣を損なわず統合し作品集とすることに成功しています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東京の本屋に買いに行って、帰りの電車で(少しだけうとうとしながら)読んでいたのだが、正直どこからどこまでが本の内容でどこからどこまでが自分が見ていた夢なのかわからなかった。それくらいにはいい意味でおかしな内容。また装丁がとても好き。とくにカバーは、母が昔 実家から持って来た植物図鑑と同じ手ざわりで何と無くなつかしい感じがする。さわさわ

  • とても良い。

    とりとめのないイメージ。
    懐かしさ。変ないきもの。夢。どこかで見たような、どこにもないような風景。そこはかとない廃墟感。
    よく知っているはずの街で、道に迷うような。
    知っている風景が、突然見たことないものに変わるような。
    真っ昼間から妖怪に出くわしたような。

    萩原朔太郎の「猫町」とか
    香港の九龍城砦とか
    映画「スワロウテイル」や、ドラマ「私立探偵濱マイク」で種田陽平がつくった街とか
    そのようなものと近しいものを感じた。

  • はじめてジャケ買いした漫画。
    ふにゃふにゃなキャラと、圧のある風景と、もう最高です。続刊買います。天才。

  • なんと言うか
    幻想的と言うには現実が薄皮一枚の向こうで近すぎる。
    独特でとりとめが無いのに、生活臭のする。
    そんな感じ。かな?
    自分の住む部屋のま隣りの出来事。って位、
    普通に素朴で当たり前で普遍的で不思議で謎。みたいな。
    夢を日記にしてスクラップしたのに近い?


    不条理なれどグロくもなくエロでもなく 
    無駄に不幸でも痛くもないところは好きだな。
    ほのぼの と言っていいのではないだろうか。


    ただ、とても魅力的で面白いんだけど
    自分の好きなタイプとは部屋一つ違う感じ…
    パケ買いしちゃったし かなり高価だったけど
    あんまり後悔も無いのが不思議(笑)
    ちょっと読んでみたい作品ではあるな~って思います。
    漫喫とかレンタルで読めなさそうなんだもん。

  • 本日読了。
    まさに「読む水族館」。
    でも、海〇館や、須〇水〇園のように、
    世界の珍しい魚を観賞する場所ではない。
    水音に誘発された半覚醒の浅い夢だとか、
    水の香りが呼び覚ます記憶のかけらだとかを投影する、
    不思議な水族館。
    寺山修司とかつげ義春とか
    の世界に近いのかな。
    でもさらに夢想的。
    こういう作家さん
    ほんと商業的にも成功してほしい。

  • 【印象】
    歩き回れ。研究する。
    不思議も思議も見物する。

    【類別】
    短編集。14編。
    不条理やオカルト的ファンタジー、少しSF。
    ほんの一部に随筆や紀行も。

    【脚本等】
    物語としてよりも非現実世界の旅行記、あるいは日記として楽しむ方がよいかもしれません。
    校長に関するくだりが好きです。実のない話を延々と聞かされるのって苦痛ですよね。あれ?

    【画等】
    各編それぞれで描画方法が大きく異なっています。
    ロシア街や飛行船に惹かれました。

  • ふわふわする読後感。わたしも地続きになってるロシアに行きたい。ザラザラするビニールカバーが昔読んだ図鑑のようでなんだか懐かしい。

  • 漫画という枠を色々とはみ出して不思議な世界に連れて行ってもらえます。

  • 不思議でやさしくてなんだか少し笑える漫画。やくしまるえつこっぽい。でもナンセンスといった感じでもない。精緻でデタラメな珠玉の短編集!

  • 豁サ縺ョ逕コ縺ィ縺九?∫ャャ莠後?∫ャャ荳峨?莠ャ驛ス繧ソ繝ッ繝シ縺ィ縺九?∬?蜍戊イゥ螢イ讖溘?荳ュ霄ォ縺悟虚迚ゥ縺?縺ィ縺九?∝ッ昴↑縺後i隕九k譁ケ縺ョ螟「縺ョ繧医≧縺ェ縲∫樟螳溘→髱樒樟螳溘→縺ョ蠅?′譖匁乂縺ェ迚ゥ隱槭◆縺。縲
    縺ゅ?∬?蜍戊イゥ螢イ讖溘?荳ュ霄ォ縺悟虚迚ゥ縺」縺ヲ縺ョ縺ァ縺ッ縺薙l(https://www.youtube.com/watch?v=OPPmtP_a444)繧呈?昴>蜃コ縺励◆縲ゆス捺クゥ縺ァ縺吶↓繧??

全38件中 1 - 10件を表示

panpanyaの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
panpanya
町田 洋
有効な右矢印 無効な右矢印

足摺り水族館を本棚に登録しているひと

ツイートする