フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ: 増補新版世界を信じるためのメソッド

著者 :
  • ミツイパブリッシング
4.57
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907364137

作品紹介・あらすじ

映画「FAKE」や新作「i-新聞記者ドキュメント-」でメディアの本質を暴露し続ける著者が、ポスト真実の時代にますます必須のメディア・リテラシーを中学生向けにかみ砕いて綴る。「よりみちパン!セ」シリーズ『世界を信じるためのメソッド』に、SNSの影響など今日的話題を加筆。親子でフェイクニュースに強くなれる1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 現政権や東京のコイケ知事、大阪の維新が支持されているのは、パフォーマンスとフェイクの所為なんだと思う。若い人に読んで貰いたい、、、

    【新刊情報】森達也『フェイクニュースがあふれる 世界に生きる君たちへ』12月上旬刊行予定
    https://mitsui-publishing.com/newrelease/fakenews

    フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ 増補新版世界を信じるためのメソッド | ミツイパブリッシング
    https://mitsui-publishing.com/product/fakenews

  • 読書メモ
    ・今持っている世界のイメージのほとんどは、テレビやインターネットでの映像で作られている
    ・テレビは映像。伝えられる情報が圧倒的に多い。視点を少し変えるだけで画面に隠されている様々な情報が現れる

  • わかりやすさには落とし穴があります 視点が限られるからです「物事は、どこから見るかで全然違う。なぜなら世の中の現象は全て多面的だからだ。多面的というのは、面が多くあること。つまり一つの事実にも、いろんな側面があるということ」
    子どもにもわかりやすいようにルビが振ってあります。
    メディアの人でも理解出来るから、取材に行く前に読まれることをおすすめします。

  •  ニュースの作り方、メディアのからくりについて、やさしく解説している本。最近、フェイクニュースの話題をよく聞くようになりましたね。なぜフェイクニュースは流れ、なぜ人々は信じてしまうのでしょうか。この本を読めば、なんとなくわかるかもしれません。
    (YA担当/ぽんこ)

  • 『すべての情報には、必ず誰かの視点が入っている』メディアの作り方を通して、メディアを疑う事の重要性が見えてくる。

    カメラマンが映した部分、映していない部分。映像や資料の出し方、出す順番で印象が変わってくる事にハッとされられた。

    NDC 361.4

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

森 達也(もり・たつや) 1956年、広島県生まれ。ディレクターとして、テレビ・ドキュメンタリー作品を多く製作。98年オウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画『A』を公開、ベルリン映画祭に正式招待され、海外でも高い評価を受ける。2001年映画『A2』を公開し、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞する。11年『A3』(上下巻、集英社文庫)で講談社ノンフィクション賞を受賞。現在は映像・活字双方から独自世界を構築している。16年に映画『FAKE』、19年に映画『i-新聞記者ドキュメント-』で話題を博す。著書に『死刑』(角川文庫)、『「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい』(ダイヤモンド社)、『ニュースの深き欲望』(朝日新書)、『虐殺のスイッチ』(出版芸術社)など多数。

「2020年 『定点観測 新型コロナウイルスと日本社会 2020年前半』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森達也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
伊坂 幸太郎
有川 ひろ
辻村 深月
山崎 聡一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ: 増補新版世界を信じるためのメソッドを本棚に登録しているひと

ツイートする
×