大学のあり方―諸学の知と神の知 (青山学院大学総合研究所叢書)

  • ヨベル
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907486044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハワーワスの大学論。神学や学問が、国家や教会の「政治性」と密接であることを論じている。一部、翻訳にかなり難があり残念。ハワーワスは、文体が独特で読みにくいことに加え、思想自体も人によっては把握が難しいのだと思う。

  • 現代の大学はキリスト教でれ世俗的であれ、新生の国民国家システムのしもべだった。
    キリスト者が大学に参加することを正当化する試みも自己欺瞞である。
    学問分野の専門化は大学が資本主義社会から必要とされると支持を受けないかぎり重要だとは考えられない。

全2件中 1 - 2件を表示

スタンリー・ハワーワスの作品

大学のあり方―諸学の知と神の知 (青山学院大学総合研究所叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×