ドビュッシー: 香りたつ音楽

著者 :
  • 講談社エディトリアル
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907514808

作品紹介・あらすじ

ドビュッシー没後100年記念出版。
19世紀末~20世紀初頭の音楽界に燦然と輝く、天才音楽家クロード・ドビュッシー。その生涯は、多くの女性たち・友人たちとのスキャンダルや波瀾に満ちています。しかしその女性たちは、ドビュッシーの音楽創造に大きな影響を与えながら支えつづけた、「芸術の女神(ミューズ)」たちでもありました。
本書は、その「ミューズ」たちへのオマージュで彩った、今までにない観点から綴る、すべてのドビュッシー・ファン必読の渾身の新評伝です。

著者プロフィール

医学博士、腎臓内科専門医。1948年 福岡県生まれ。1972年 九州大学医学部卒業。同第二内科に入局。米国クリーブランド・クリニックに研究留学。九州大学病院腎疾患治療部講師を経て、島松内科医院を継承。
現在、医療法人至誠会島松内科医院院長/理事長。医学書のほかに、ドビュッシーに関するエッセイ『「沈める寺」への誘い──ドビュッシーとケルト伝説』、小説『ベルガマスク』(筆名・縁田 新)、『たぬさんの領分』(同)などの著書がある。

「2017年 『ドビュッシー 香りたつ音楽』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島松和正の作品

ドビュッシー: 香りたつ音楽を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする